仕事のストレスで食べることしか安心感を考えられない過食症になった時の対処法

仕事辞めたい

仕事のストレスでつい食べ過ぎてしまったりすることってありますよね。過食症になると体重が増えるだけではなくパフォーマンスも若干落ちてしまいます。

しかし悪いこととはわかっていてもついついやってしまう食べないと満足感が得られないというのがとのストレスでの怖いところです。

もし箇所で悩んでいるのであれば他のストレス対処法を覚えておれば解決できるかもしれません。

仕事のストレスでの過食は自分だけと思っていませんか

ストレスでこんなに食べてしまうのは自分だけなのかと不安になった時は安心してくださいあなただけではありません。

摂食障害の過食症はコントロールがきかず食べ過ぎてしまって、食べたことを罪悪感と感じてしまうのがこの症状の特徴です。神経性の過食症は食べ過ぎた後に嘔吐やダイエットなどで埋め合わせの行動をとることを示しています。

実際に私だけおかしいのかなと孤独を感じることもあるかもしれませんが、そう思うだけでストレスが増えてしまうのであなたと同じように悩んでいる人はいるということは覚えておいてください

なぜ過食を止められないのか

過食を止められない原因はセロトニンという精神を安定させるホルモンが関係しています。

ストレスが過剰になるとセロトニンが不足してしまうのです。

すると満腹になって精神を安定させるセロトニンを分泌させようとし過食するということになっていきます。

食べ過ぎると自分で自分をコントロールできないと自信がどんどんなくなっていきますが、さらにそれがストレスでさらに食べてしまうという悪循環があります。

また仕事でのストレスが多い人ほど家に帰ると食欲が解放され食べ過ぎてしまう傾向にあります。

どうすればストレスによる過食を止められのか

食べることがストレス発散法になっているから食べ過ぎてしまっているのかもしれません。

食べることで満足するということはそれを解放させるには一番選択肢としては近いのかもしれませんが他にも選択肢を持っていれば就職につながる道を減らせる可能性があります。

ストレスを認める

まずストレスが溜まっていることを認めることが大切です。

食欲で紛らわせなどをせず悩みに向き合ってみましょう。自分の弱さが現実に目を向けることをとても苦しいです。つい目をそらしてしまいがちですが爆発すると逆に食欲の方に走ってしまうので自問自答して、ノートに違和感を書き出したり、隠していた気持ちを吐き出してみましょう。気持ちをぶつける場所があればそれがストレスのはけ口となるかもしれません。

規則正しい生活をする

精神を安定させるホルモンセロトニンを分泌させるには規則正しい生活が必要です。

  • 起きたらカーテンを開けて朝日を浴びる
  • 朝食をしっかり食べる
  • 昼食夕食もよく噛んで食べる

一見普通のことのように見えますが意外と朝食を抜いたり、昼食を抜いたりと食生活が乱れていることによって過食症になってる人が多くいます。

食べていないはずなのに体重が増えるということはこの傾向にあります。

また噛むことでセロトニン分泌につながるので、食事をする時はよ空間でセロトニンを活性化し規則正しい生活をしましょう。

幸せを感じながら食べる

食べる時はどうせなら幸せを感じながら食べましょう。

また食べてしまったという罪悪感はストレスにつながりますそのストレスにまたストレスを重ね合わせないためにも一回一回幸せと思う食生活をしましょう毎日の充実度も上がるはずです。

食べたものを記録する

客観的に自分が食べたものを見つめ直すためにも食日記をつけてみるのも一つの手です。

過食症になってる時にはまず満足を得るために調べているので何をどのくらい食べたかということを忘れている場合がほとんどです。

1日を見直してからこんなに食べてしまったんだと言うことを再確認するためにも有効な手段です。

誰かと一緒に食べる

普段から食べ過ぎてしまう場合には、誰かと一緒にご飯を食べましょう。

人とご飯を食べることで一人で食べてる時は食べることに集中して短時間で食べていた食事も、誰かと一緒に食べることで話しながら食べたりするようになり時間をかけて食事をとるようになるので更に満足感を得ることができると思います。

自分に合うストレス発散法を見つける

ストレス発散法、解消法をいろいろ試してみて自分に合うものを見つけましょう

おすすめは自分が食べたいと思った時にすぐできるもの。ストレスを発散できる上食べなかったという自信にもつながっていきます。

軽い運動する

セロトニンを活性化するためにも簡単にできる運動を習慣化しましょう。

近くを散歩したりするのはとても良いことです。

時間がないと思っていても探してみると隙間時間というのは必ずあるはずです。疲れない程度のどうしてストレス解消を目指しましょう。

十分な睡眠をとる

食べ過ぎてしまって眠れなくなり、疲れが溜まってさらに食べてしまうという悪循環になっている人いませんか。

睡眠不足は身体的精神的にあらゆる負担をかけます。ついネガティブになってしまうこともありますので十分な 中華になれば、集中力が上がって仕事のストレスも少なくなるかもしれません。まずはぐっすり眠れるように周りの環境から変えていきましょう

まとめ

過食の対処法は意外とすぐできるものばかりです。睡眠や軽い運動など簡単なことですが、それを習慣化させてるというのは難しいですね。

しかし食べたいなと思った時にそれをなくす習慣を見つければ過食症は簡単になくなるかもしれません。

仕事のストレス解消というのは難しいですが規則正しい生活をしっかりして、睡眠休養食生活など基本的な行動を整えストレスに強い自分になるようにしていきましょう。

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】