オワコンとはどうい意味?IT業界転職で楽になれる資格とは?

転職サイト

IT業界転職は資格を取っておけば、転職が有利になる?

IT業界未経験だけど、なれるものならシステムエンジニアになりたいけど資格はいる?

IT業界への就職・転職を考えてググってみたけど、簡単に入るのには資格は必須かな?

IT業界を目指す方が資格を取得することの重要性はある?

そう思って悩んでいる方に解説したいと思います。

・IT業界での資格は不要です。実務に繋がらなければ意味なし

・IT業界では本質的には、資格より実力

・IT業界の資格の罠かかるな、資格と実力は違う

こんにちは!うっちーです。えー今回は「オワコンとはどうい意味?IT業界転職で楽になれる資格とは?」です。

人間だれしもできれば、楽していきたい。

とはいえ、伸びている業界で人材不足のIT業界だからといって楽できるとは限らない。

という事で「オワコンとはどうい意味?IT業界転職で楽になれる資格とは?」をさっそく行ってみたいと思います。

IT業界での資格は不要です。実務に繋がらなければ意味なし

うっちー
IT業界に転職できたから安心というわけではありません。

IT業界にも様々な資格があって、資格があれば給料が上がるなんて思わないほうがいいです。

でもどんな資格があるのあるのか見てみましょう

IT業界の資格

資格 資格タイプ 証明できること
ITパスポート 国家 IT利用の基礎知識がある
基本情報技術者試験 国家 IT業界の基礎知識がある
応用情報技術者試験 国家 ITの知識を応用できる
マイクロソフトオフィススペシャリスト 国際 Office製品が扱える
オラクルマスター ベンダー データベース・SQLのスキルがる
CCNA ベンダー ネットワークエンジニアのスキルがある
LPIC 国際 Linux・サーバーのスキルがある
情報処理安全確保支援士 国家 セキュリティのスキルがある
ITサービスマネージャ 国家 ITマネジメントができる
システム監査技術者
国家 ITトラブルに対応できる
ITストラテジスト
国家 IT戦略立案・コンサルができる
プロジェクトマネージャー
国家 プロジェクトを管理・運営・進行できる

と国家資格がありますから、これ持っているからどうなの?

(。´・ω・)?

資格を持っているのはちょっとは有利に働くところもありますが、資格があるから採用されるということはまずないです。

じゃあ資格って何なの?要するに勉強しましたよっていう証明があるだけ。

IT業界だけでなく、資格試験とはビジネスだ

世の中に沢山資格はありますけど、本当に資格試験ってビジネスだなーって冷めます。(ノД`)・゜・。

うっちー
調理師学校試験は、学校で普通に勉強していれば一年で習得できます。

ちなみに一年でどのくらいかかると思います?

100万位はかかります。

まあ、資格っていういのはビジネスなので、様々な協会を作って、認定試験制度を行って「あなたはこのような勉強をしました」という証明だけで、それで有利になるわけではないです。

その辺のことはボロ儲けなフードコーディネーター協会の秀逸なビジネスモデル | The Startupをみると分かりやすいかなと。

英検、漢字検定、TOEIC、TOEFLなどみんなビジネス。利権ビジネスです。

資格で能力に差が出るのか?

うっちー
もちろん司法試験とか、国家公務員のキャリアになるための試験とかは、意味あると思いますけど、他の民間の試験ははっきり言って意味なし。

東京大学で「大学生の学力と仕事の遂行能力」という研究をしたのですが、結論から言うと、「大学生の学力と仕事の遂行能力との関係を直接,実証的に分析する作業は,概念化の作業以上に難しい。」と難しく書いてありますが、要するに関係性を実証するのは無理という事。

もちろん、学歴による就職の優位性などはありますが、その後、人生を豊かに生きれているかどうかは、資格などでは能力に差が出ない。

もちろん、資格を取ったり、よりレベルの高い学校に行ったりすることは、その後の人勢を豊かにする可能性はあるが、それだけではないのである。

だから、IT業界へ転職したいなら、”資格”よりも”能力”を身につけるべき。

IT業界では本質的には、資格より実力

私は別に勉強をすることを否定しているわけではありません。

うっちー
新しい知識を取り込んだり、出来るようになることは凄くいいことだと思います。

しかし、実際のビジネスはどうなのかというと、それだけではマネタイズできないし、マネタイズできないならただの趣味。

IT業界で認められるためには?

ビジネスにおいて、強者とは「他人より稼げること」

最も売り上げ、利益を出している会社ほど強い。

ならば、今自分にあるスキルで、最大限の売り上げを目指すべきです。

うっちー
まったく稼いだことのない雑魚が、いくら資格を持っていても、TOEIC900点でも、ビジネスの世界では雑魚は雑魚です。

こういったことを言うとお金より大事なものがあるといわれそうですが、人に自分の能力を売り込むには売り上げを見せるのが一番効果的です。

年収1000万と年収300万だったら、どちらに能力があるのか?

稼ぐ能力という点で言えば年収1000万稼ぐ方が能力があるのが、はっきりとわかりますよね。

いくら人間的にいい人でも、それは誰もがわかることではないのでNG

なので、数字で見える、可視化できることで、証明できれば、周りからの評価も上がり、ポストも待遇も上がるし、新しい仕事も任されるだろうし、徐々にスキルアップを目指せます。

これはIT業界じゃなくても使えること。自分の能力を可視化できるようにしましょうね。

自分の能力を可視化するには?

IT業界であれば

扱えるプログラミング言語と経験年数

PHP (3年) / HTML (3年) / CSS (3年) / SEO (3年) / SEM (3年)

といった感じに簡単に可視化できます。

これ+過去の実績や、公開可能なら作ったHPなどを見せることが出来れば完璧。

うっちー
こういった可視化することは大事で、面接でうまくしゃべれなくても、このように証明できれば落ちることはありません。

正直、2020年以降プログラミングを身に付けて損はしません。

というわけで、具体的な学習方法に入りますが、独学 or スクールで良いと思います。

◆プログラミングの独学方法 ※私が実際に学んできたプロセスです
30代初心者でも3か月で出来るプログラミング学習の始め方

◆プログラミングスクール ※無料体験でWeb制作技術を学べます
プログラミングブートキャンプ無料体験 | TechAcademy

◆Webマーケの独学方法 ※僕が実際に学んできたプロセスです
独学でWeb制作初心者が月5万円稼げるようになるまでにした勉強法

◆Webマーケのスクール ※これをマスターすれば就職可能
最短4週間!オンライン完結のWebマーケ講座

仮にスクールで20万を支払ったとしても、スキルが身につけば余裕で回収できますからね。ITスキルほど、コスパの良い投資はないと思います。

IT業界の資格の罠かかるな、資格と実力は違う

うっちー
資格は「よく頑張ったで賞」「敢闘賞」といった、ものでそれで能力があるとは限りません。

なので、IT業界へ転職するのに楽な資格など無く(´;ω;`)ウッ…、資格を持っているから大丈夫だという認識はオワコン!!

では、ここまでのことをまとめてみたいと思います。

・IT業界への転職で有利になる資格なんて存在しない。

・資格とは、「よく頑張ったで賞」「敢闘賞」。

・資格に時間を割くよりも、本質的な能力アップに時間を割くべき。

・本質的な能力アップをするには、売上最大化に注力すべき。

・売上を最大化できる人材なら、IT業界じゃなくとも引く手あまたです。

IT業界はオワコンではない、まだこれからだ

オワコンとはどうい意味?IT業界転職で楽になれる資格とは?」について書いてみました。

うっちー
資格が目的になっちゃだめだよって話です。

資格を取ることに、意味がない、もったいないというわけではなく、ビジネスでは本質的な能力が試されるので、そこに注力した方がいいという事。

あくまで、IT業界転職を目指すなら、資格を取るというより、スキルを身に付ける事が大事。

最終的にはそちらのほうが、幸せに近いと思いますよ。

というわけで、また!

あ!「IT企業系に強い転職サイト・転職エージェント3つ、仕事辞めたいなら見ろ!!」で、IT業界へ転職したい方向けのサイトをまとめました。

転職するなら、当たり前だと思いますが、転職サイトの登録が必須です。登録がまだの人は是非登録してみてください。無料登録しておくだけで案件を紹介してくれますので、もし興味を持った案件があれば、相談してみましょう。

IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】

2020.03.05