転職に失敗したと思う瞬間とまだ間に合う再就職の仕方

仕事辞めたい

実は転職したものの、再就職した先の会社のイメージが全く違い、しばらくして辞めたいと思ったことはありませんか?

転職したばかりの時は、様々な要素が重なり、不安になって辞めたいと考えてしまうことが多いでしょう。

ただしばらくして会社の内情や仕事の内容などが見えてきた時に自分が思い描いていたこととは違ったということははっきりわかってくると、転職に失敗したのではないかと不安になることがあります。

今回は転職したものの転職先を辞めたいと考えている人へ原因と対処法について紹介したいと思います。

仕事がつまらないなら転職だ!でもその前に確認する事2つ

転職先を辞めたいと感じる理由とは

転職先を辞めたいと感じるわけには三つの理由があります

理想と現実のギャップを感じてしまった

誰しも転職すれば今の状況が変わり、楽しい未来が待っていると思います。

しかし思ったように仕事が進められなかったり、業務が想像以上に大変だったり、転職前に考えていたこととのギャップが出てくると、それによって転職したのに全く良い方向に進んでいないと感じ、再び転職したいと考えてしまうのです。

これが転職したいと感じる第一の理由です。

会社のマニュアルを覚えるのが大変で疲れる

転職をするとその会社のやり方というのがあります。覚えることが非常に多いため、それに耐えられずもう1回転職を考える人も少なくはないです。

社内でのルールやクライアントとの接し方、新しい知識、転職したては覚えることが膨大にあります。

人の名前も最初はなかなか覚えられないため、コミュニケーションも取りづらいというのはあるでしょう。

そうすると孤立感を感じて 周りに頼ることもできず自分一人で抱え込んでしまい、転職先を辞めたいと思ってしまうのです。

これが二つ目の理由です

仕事に慣れるまでのストレスやプレッシャーに耐えられない

転職というのは新入社員として入っていくわけではなく即戦力として求められて帰っていくものです。

なので環境は違えど実績を早く出して欲しいと思うのが会社側の実情です。

そうすると環境が変化しているので転職している人にとってはストレスがありますが早く仕事を覚えなきゃいけないと自らプレッシャーをかけてしまうこともあります。

そのような状況で仕事がうまくいかなかったりミスをしてしまったりすると、必要以上に自分に責任を感じてしまいその会社を辞めたくなってしまうのです。

これが三つ目の理由です

すぐに転職先をやめるデメリット

すぐに転職先を辞めるというのにはいくつかのデメリットがあります。

辞めたいという気持ちがある場合でも、辞めた場合にどのようなデメリットがあるのか知っておいた方がいいかもしれません。

転職回数が多い人に良いイメージを持たない場合がある

日本の企業は転職回数が多い人に対し、良いイメージを持たない場合が多いです。

うちの会社もすぐに辞めてしまうのではないだろうかという疑念を抱くのが理由ですが、転職先をすぐに辞めてまた転職活動しても、面接の書類審査が通らないということもあるので注意をしましょう。

すぐに辞めたという履歴が残る

特に履歴が汚れるということですが、転職回数と同様に日本では在職期間も懸念する傾向があります。様々なやむを得ない理由というのがあるとは思いますが、基本的には在職期間が短いほどマイナス印象になるでしょう。在職期間は雇用保険に記録されているため誤魔化すことができません。

スキルアップできる可能性を逃す

スキルというのはすぐに身に付くものではありません。最低でも1年は継続しないと、その仕事のスキルが身につかないでしょう。。

早期退職すると、身につくことは社内ルールや施設の使い方など、スキルとは程遠いもの。つわり早期退職はスキルアップの機会を逃すことになってしまうのです。

転職の面接の時に道路にはスキルを身につけているかという質問に対して、何も答えられず面接で落ちてしまうという可能性があります。

転職先であえて頑張るという選択肢

デメリットを見て今の職場でもうちょっと頑張ろうと思う人もいると思います。そのような人のために今の転職先で頑張る方法について紹介したいと思います

辛いのは今だけだと思って踏ん張る

上記でも述べたように、試用期間はどの会社も覚えることが多いです。会社のマニュアルや会社内の規則、営業方法など様々な事をインプットしなければなりません。

しかしそこで乗り越えることができれば、後は離れるだけなのでさほど最初ほどの辛さがなくなると思います。逆にできるようになれば前向きに仕事に取り組むことができるでしょう。

ちょっと辛いのは今だけだと思いとどまって踏ん張ってみるのも一つの選択肢です。

積極的にコミュニケーションを取って自分から動く

最初は周りに知っている人がいないので、分からないことは多いと思います。疲労感もこれまで以上に感じることでしょう。

しかし周りとコミュニケーションを取りながら仕事を進めることで、不安も徐々になくなっていくはずです。

プライドを捨てて年齢は関係なく、入社したてなので学んでいくという姿勢で周りと接していけばスムーズにコミュニケーションを取れるのではないでしょうか?どんどんコミュニケーションを取って自分から働きやすい環境にしましょう。

仕事以外の時間を楽しむ

会社が変われば帰り道おかわりなまで見てきた風景やお店なども変わっていきます。

仕事のオンからオフへの切り替えをするようにして新しい場所での自分を 楽しみましょう。

仕事が終わった後の楽しみというのがあると仕事とのメリハリが生まれます。

転職をして良いか判断するときの方法

もちろん転職先に止まるという選択肢もありますが、どうしても再就職先を探したいという人もいるでしょう。以下ではそのようなことに当てはまるのであれば再就職先を探した方がいいという例を書いていきたいと思います。

転職前に聞いていた待遇と明らかに違う

よくあることですが、面接の時に言われていた待遇と全く違ったりします、給料が違ったり、聞いていたことや自分がイメージしていたことが全く違ったりということがあります

もちろん100%イメージしていたことがかなうとは限りませんがあまりにもそのキャップが大きすぎる場合は転職を考えた方が良いかもしれません。

職場の人間関係がひどかったり、残業時間が多かったりというような場合は契約違反となることもあります。

まずは会社側にしっかり確認を取ってそれでも納得がいかない場合は転職をした方がいいかもしれません。

人間関係が悪い

どんな人間関係でも大抵は大丈夫だという人であっても、新しい職場でどんな人がいるのかが分かりません。

入ってみたが非常に部署が雰囲気が悪いと初日に感じてしまうこともあります。

当然不安も一層強くなるでしょう。しかもその環境が変わる気配がない場合にはあなたが精神的に参ってしまう前に転職をした方が良いかもしれません。

職場の雰囲気というのは非常に大事です。我慢をして精神的に参ってしまってはあなた自身が大変なことになります。

会社の生末に不満しかない

実際に与えてみないとわからないという事情はたくさんあります。例えば入ってみたら仕事の進め方が非常にアナログで このままいくとこの業界からなくなる可能性があると言ったことを感じたり。

早急に手をつけなければ業績が上がらないことはわかっていてもそこに手をつけようとしなかったり、上層部にやる気がないもしくはリーダーシップがないような会社であったり、自分なりにリサーチした上で会社の育成に不満を感じたのであれば早めに動き出した方がいいかもしれません。

次の転職を失敗しないために

今回の提唱がうまくいかず次は失敗を許されないという状況にいる人もいるかと思います。

次の転職を失敗させないために三つの方法をご紹介していきます。

自己改善を徹底しておく

なぜ自分は転職が続いてるのかということを考えそれがあなた自身に原因があることなのであれば、直せそうなことから改善するようにしましょう。この際ネガティブに考えずに出来る限りポジティブに考えることが大事です。面接ではあなた自身のことについて聞かれることが多くあると思いますが、その際に自分自身を見つめよく考えて改善した点を話したりすると自分と向き合える人という印象を与えられ面接の時に良い印象を与えることができるでしょう。

条件や待遇をよく確認しておく

転職していいか判断する方法でも書いたように、条件や待遇が希望していたのと違うのが原因で失敗してしまうケースは多くあります。

必ず条件や待遇は自分の希望に沿っているかの確認は必要なのです。

面接前にある程度調べるとは思いますが、細かい規定などがあるため面接時と入社前に再度確認し書面などがあればそれをもらっておきましょう。

ネガティブにならないように気をつける

定食が続くと自分がおかしいのではないかと思うことがあります。ネガティブな発想を持っていては次へ進みづらいのです。同様にした空気で転職活動を行っても、相手への印象も良くなくうまくいかない場合が高くなります。

しかし転職することは非常に勇気がいることです、転職を経験しているあなたには勇気があります。転職すると言うと 色々言われることもあるかもしれませんが、自分自身に自信を持ってポジティブに転職活動をに挑んでください。

まとめ

仕事を辞めたい、もしくは私のように病気で退職した場合、いろいろと問題が出てきます。

その中でも収入は一番でしょう。(収入を上げる方法は一番最後に書いておきました。お急ぎの方は飛ばしてしまって結構ですよ( ´∀` ))

この記事を書いているのは、2020年4月20日コロナウィルスで都内の感染確認が3184人。緊急事態宣言が発令されて2週間の時に書いています。

私たちが健康的に生きていくための「役割を奪われる」というのは、すごくショックです。すごくよくわかります。

そんな時一番気を付けてほしいのが「うつ病」になってしまう事。このモードに入ると気持ちを安定させる事、冷静な判断をすることが出来なくなります。

これを乗り切るための「脳みそ」でいるためには、なんでもいいから行動してみる。昨日の自分より変化、進歩したことを実感できるようなことをする。というのがうつにならない予防です。Twitterの更新、フェイスブックの更新、ブログの更新なんでもいいです。

出来れば、そうしたことを習慣にしているといいです。なんで、大事な判断などをしなければいけない立場の人が、身体を鍛えるのかは、「昨日より変化、進歩したこと」を体重計や体脂肪計を見て、毎日実感し、精神を安定させるためです。心を整る作業なんです。

クリアできる、クリアしなければいけないミッションが目の前にあると人の精神は安定します。やる気とも言います。

自転車で言えば止まった状態で、今考えなくてもいいことを、考えて悩んでばかりいるかもしれません。

でも、悩んでばかりいる人は基本的に暇な人。時間があればあるほどジワジワと吸い込まれていくので、、、。

もしあなたの目の前に、今日中に耕さなければならない畑があり、その畑を耕さなければ自分は死ぬという場合だったら、悩んでいる場合じゃないじゃないっすか!

特に、店舗を経営していた人、急にリストラされた人、つらいのは凄くよくわかります。時間とお金が削られていく毎日は相当なストレス。

先が見えないことは、不安だし、乗り切ろうって気も起らないと思いますが、今回のようなコロナウィルスによる失業や店舗閉鎖は、又ありますよ。絶対にある!

2016年:鳥インフルエンザ42度、2017年:鳥インフルエンザと人のインフルエンザに罹った豚39度。

これが何を意味するかというと、病原菌の最も繁殖する温度を示しています。どんどん人の体温に近づいて、そして今回のコロナウィルス。必然今後も、又ある事は予想できる。

このページに来たという事は、失業保険の申請、金額などを調べに来たと思います。

それはそれでいいんです。大事なのはその後!あなたがどう行動するかで、今後の10年が変わってしまいますよ。

この機会にスキルアップたい方、さっさと再就職、転職を決めてそれから考えようという方は、是非下記項目を読んでみてください。

行動しないと、待遇、年収が良いところが埋まっちゃいますよ!

独学 or スクールでスキルアップ後、転職したい方向け

プログラミングの独学方法 ※私が実際に学んできたプロセスです

30代初心者でも3か月で出来るプログラミング学習の始め方

プログラミングスクール ※無料体験でWeb制作技術を学べます

プログラミングブートキャンプ無料体験 | TechAcademy

Webマーケの独学方法 ※僕が実際に学んできたプロセスです

独学でWeb制作初心者が月5万円稼げるようになるまでにした勉強法

企業で求められる即戦力技術が身につく ※未経験から99%の受講生が転職に成功。

TECH::CAMPの即戦力エンジニア養成プログラム【TECH::EXPERT】

 

 【IT業界で稼ぎながら学びたい方向け

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』※IT・Web業界に強い転職エージェント。多くの人事採用担当者との間に太いパイプ。

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】※取扱求人は500万円以上のみ。93%の方が年収UPに成功しています。

転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1※最大級の転職サイトなので案件が豊富。まずはここに登録が安全策。

レバテックキャリア※IT・Web業界に特化しているから業界トップクラスの求人数、採用ポイントにどこよりも詳しいので、転職の成果に差がつきます。

転職なら【doda】※転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用するならDODAです。大手なので案件も多く、登録して損しないはずです。

年収、将来性について気になる方はこちらの記事を読んでくださいね。➡「IT業界の将来性や職種、年収、本当にIT業界に将来性あるか?検証

という事で次行きましょ!くれぐれもブラック企業には気を付けながらね!(≧▽≦)

「今後、在宅勤務、テレワークが日本で多くなるとどうなるの?本当の働き方改革」に書いたようにこれから本当の働き方改革の波がやってきます。

うっちー
その時に、生き残れるのかは、行動するか?行動しないかです?
人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】