理解力が低いのは病気?人の話が理解できない原因と理由

仕事辞めたい

人の話を聞いていて理解ができないという時は誰にもあると思いますが、それが頻繁に起こるとちょっと自分でもおかしいかなと思うことがあるんじゃないでしょうか?

  • 自分がダメなんじゃないか
  • 理解できないのは病気ではないか
  • 他人とはちょっと違うのかもしれない

思わず自己否定に走ってしまうこともあるかもしれませんが、人の話が理解できないというのはいたってシンプルな原因があります。

今回は仕事中に人の話が理解できないと言う人のために、5つの理由と解決のための訓練方法を解説したいと思います。

人の話が理解できない理由と解決方法

人の話が理解できない原因には大きく分けると五つの理由と解決策があります。

知識不足と情報不足で理解ができない

相手の話の内容が理解できない原因の一つは知識不足と情報不足です

相手が使っている単語が分かんなかったり

自分が知らない情報が話の内容の中に入っていたり

理解できない単語や専門用語業界用語などは、ビジネスではよくあることです。

専門用語や業界用語は、ある程度働いていれば身についていきます。しかし使う人によって意味がちょっと違うということもしばしばあるので、そういった場合に理解ができないという事態になります。

解決策としては、分からないことはわからないとはっきり尋ねること。恥ずかしがらずにすぐに言葉の意味を聞いてみましょう。何度も同じことを聞いていなければきちんと説明してもらえるはずです。

相手がせっかく説明してくれているのですからねもうぐらいはとりましょう。もちろん理解しているふり、理解しないまま放置している曲ができていると、仕事でミスが増えるのは当たり前です。 さっきも伝えたはずなのにといった指摘を受けるかもしれません。

また理解していない部分だけ、相手からの信頼も喪い、貴重な仕事の時間を無駄に使ってしまうことになります。

そうならないためにも分からないことはしっかりと分かるまで訪ね理解するようにしましょう。

情報処理が追いついていない

人の話が理解できない原因の中で、情報の処理生理が人によって速度が違うということがあります。

  • 結論が不明確な話の場合
  • 理解するのは難しい情報を聞いている場合

この二つのパターンの場合、情報を受け取っているがが整理をするのに苦労をして、情報の処理ができない場合があります。

特にダラダラと結論を先延ばしにして話していたり、大きく達成した場合など結局何を言いたいのかわからないまま終わってしまうこともあるので、要点のみに言い換えるか、内容を反復して内容の確認をしっかりととりましょう。

仕事で上司から指示を受けた時にも同じようにしてください。

もし上司の方から指示があった場合最終的に予定は何なのかをちゃんと確認してから行動に移すようにしましょう。

そうしないと言ったはずなのに行っていないと言ったことになり、指示をしてもできないやつだというレッテルを貼られる可能性があります。

もし調子がそのような人である場合には必ず要点を最後にまとめる癖をつけましょう。

冷静さを欠いている

人の話を理解できないのが、自分自身の精神状態が冷静ではないということは原因の時もあります。

  • 特に緊張している場合など
  • 仕事に追われてテンパっている時
  • 大きなプレゼンなどで用意がまだできてなくて焦っている時
  • 苦手な相手がいて気持ちが張っている時

こんな時など訂正で入れられない時には話が理解できないことが多いかもしれません。

解決策としては何よりまず気持ちを落ち着けるということ。

姿勢を整え深呼吸をするだけでも少し変化があります。自分に合ったストレス対処方法を作るのがおすすめです。

冷静さを失って話を理解できていると思っていても、普段では考えられないようなミスが起こってしまうことがあります。 

ミスは起きる時はほとんどの場合自分自身の思い込みがミスに繋がるということを知っておきましょう。

体調が悪い

そもそも体調が悪いと集中力も書いていますし処理能力も持っているはずです。話を理解できないのは当然だと思います。

解決策としては体調を整えるということ。

普段からの睡眠食事運動など問題はないか確認してみましょう。特に睡眠はしっかり取っていないとメンタル的にもやられてしまうので体調が悪いのであればきちんと話をして休養をとることをお勧めします。

それでも話を聞かなければいけない場合には、メモを取ってもらったり、文章でもらったり何か残るものを残しておくことをお勧めします。

聞く気がない

そもそも気がないと理解できないのは当たり前です。

例えば話している人が嫌な人好きではない人の場合人というのは気候という気持ちになりません。

しかし仕事はチームでやるものなので好き嫌いでやるものではありません、自分とは無関係だと思って話を聞いていると理解しようという意欲が下がってしまうのです。

この時に注意すべきは結果をどのように持っていくかということに目を向けること。自分のパーフォーマンスがよければ、もし相手の嫌な人からの仕事であったとしても評価が上がるはずです。

話をきちんと聞くことは、相手から信頼を得ることにつながるので、嫌だと思っていた相手が逆にそういう相手じゃなかったという事に変わってくるかもしれません。

人の話を理解するためにおすすめな習慣

人の話を理解するコツというものがあります。これを習慣化し無意識で行えるようにすれば、理解力がぐんと上がります。

自分の言葉に置き換える

言われたことを自分自身で理解するために自分の言葉に置き換える習慣をつけてみましょう。

  • 要するに
  • つまり
  • ということは
  • 言い換えると
  • 大事なことは

と聞いた内容をちゃんと理解していなければ自分の言葉に言い換えることができないので、 言葉にできないのであればそれは理解できていないと認識して自分の言葉で理解に生きる習慣をつけましょう。そうすればどこが理解できていてどこが理解できているのか確認するきっかけにもなりますし、失敗を繰り返すこともなくなっていきます。

メモをとる

仕事を頼まれる時には、メモをとる習慣をつけましょう。

どんなに記憶力がいい人であっても、話が理解できないことや、つい忘れてしまうこともあるでしょう。

大事なことは忘れても思い出せる仕組みを作っておくことです。

  • 理解できなかった単語
  • 理解できなかった情報
  • 一番大事なこと
  • 後で聞かなければいけないこと
  • 理解できず再度お尋ね返した時の内容

と言ったことをメモして残すことを心がけましょう

自己肯定感を高める

自分の存在そのものを大事だと思える感情、自己肯定感が低いと自分が持っているポテンシャルを発揮できません。

  • 気づいた時に自己否定していないか?
  • 気分が落ち着いていない時はないか?
  • いつも方針は隠していないか?
  • 褒められても素直に喜んでいないか?
  • 行動するのは強くなっていないか?
  • 努力が続けられなくなってないか?
  • 周りの目を気にしすぎてないか?
  • 周りの人より劣っていると思っていないか?
  • 自分の意見を人に押し付けていないか?

といったことをチェックしてみて自分が自己肯定感が下がる行動していないかチェックしましょう。

自己肯定感を高めるには7つの具体的な方法もあります

  • 自己肯定感が下がっていることを認識する
  • 長所と短所は表裏一体だと思う
  • 嫌な人から距離をとる
  • 人間関係の法則というのを知っておく
  • 小さな成功体験を積む
  • 考えていたことを紙に書き出す
  • 褒められたら感謝を伝える

自己肯定感を高めると自分が何をしていたか何ができるのか何を持っているのかということが一切関係なくなり自分自身が大切な存在だと思えるようになります。

何事も不安になりすぎなければ人の話を聞くことにも十分に集中できるようになるはずです。

人の話が理解できない原因が病気の時もある

あまり人の話が理解できない場合その原因が病気に当たるケースもあります

参考:厚生労働省 『うつ症状』
参考:国土交通省 『発達障害』

あがりに注意力散漫が続き集中が保てない場合矢橋音を過ぎる場合は医療機関に相談診察を受けておくと安心かもしれません。

人の話が理解できないことを病気のせいだろうと投げやりになってはいけません、診断を受ける前ならば尚更なのです。まずは現状を改善するためにできる対策から少しずつ挑戦してみましょう。

まとめ

人の話が理解できない要因はたくさんあります。ひとつできないからと言ってだめだというわけではありません、いくつかの要因が絡まっている可能性が非常に高いのです。

そこで大事なのは複数の解決策を試していくこと。

  • 正直に尋ねる
  • 内容を反復して確認する
  • 冷静に効く
  • 要点の確認をする
  • 自分で思い込みをしない
  • 聞くことは信頼につながるということは理解しておく
  • メモをとる
  • 自分の言葉で説明できるようにする
  • 自己肯定感を高める

といったことを努力し改善の糸口が生まれるように対策を練っていきましょう。人の話が全く理解できないという人はあまりいないはずです、それで悩みすぎることがないようにしましょう。

ゆるく生きるなら、お金のために働かない、自分の人生のために働こう

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】