うつ病になると顔つきに変化があるのでうつのサインを見逃すな!

うつ病

うつ病になったとき最初に感じるのは、顔の表情、特に笑うのが辛くなったということです。

心から笑えない、楽しくない、引きつった微笑み。顔の表情がかたい、顔つきが重苦しい、顔つきは悲しそう。

うっちー
これは自分でも分かるんですが、なぜそんな風になっているのかが全く分かりません。

目の前ではみんながこんなにも楽しそうにしているのに、自分は心から笑えない。

今回はうつ病になった時に、どうして顔の表情が変化するのか?について書いていきたいと思います。

本物のうつ病になった時、顔つきはどうなる?

うつ病

これは私の経験から言うと、倒れる間際の本当にまずい状態のうつ病の場合、何があっても楽しくありません

うっちー
考えているのは「早く消えたい」「この世からいなくなりたい」 といった自己消失感です。

なので、考えることはそういうことばかりになってくると、目に輝きがなくなり、何をやっても面白くなく、だんだんと顔つきは重苦しくなって、しまいには突然泣き出したり、無表情で言葉はネガティブになり、流暢に話せなくてさらに顔つきが苦しく見えます。

そして、食欲もなくなるので体重が落ち、やがて、手や足などが段々とカサカサになります。

うつ病の人が年齢より老けて見えるのはこのせいです。

私は覚えていないのですが、いつも同じような事を言っていたと家内はいます。本当に絶望的で意気消沈してしまって生きていることは虚しいという感じで毎日過ごしてしまうのがうつ病を発症している時です。

中には顔の表情が変化しない、うつ病の方もいらっしゃるそうですが、私の場合はちょっとした事で泣いてしまったり、どうしようもなくて動けなくなってしまったり苦しくなったり、というタイプでした。

どうしてうつ病になると顔つきが変わるのか?

うつ病

うつ病になると気持ちがどうしても落ち込んでしまい、絶望的な思考をしてしまうので、症状には重苦しさが現れます。

本人は、なんとか元気でやっていると装っていると思っていますが、はたからみれば痛々しいほどにやつれているのがうつ病の人の様子です。

うっちー
特に内因性のうつ病の人に多いのがこのような症状です。
 

私もそうでしたが、最初の頃は髭も剃らず、洗顔も軽くするだけで、シャワーを少し浴びるぐらい。

お風呂に入りたいとも思わず、外出することを拒んでいました。

食事については用意されたものがあれば食べますが、少量で十分だし、味覚に関しては全く気にしませんでした。

こうした内因性のうつ病の人は、些細なことでも繰り返し自らを責めてしまい、意気消沈して、生気が感じられなくなって生きていることがむなしいと言う厭世観が現れるそうです。

もしかしたらうつ病かもしれない顔つきのチェック

うつ病

うつ病には答えというのがないですがサインはあります。

周囲がそれに気付くか、自分で気づくかわかりませんが必ずサインがあるので下記にあることに当てはまるようなことがあれば、ストレスとなっていることを取り除く方法を、とりましょう。

  1. 朝起きて仕事に向かうのがとても大変である
  2. 仕事場に着いて元気なふりをしていると自分でも思うことがある
  3. 仕事をしている時など集中ができない
  4. 会議の内容が頭に入ってこない。
  5. 仕事が終わった後に何もしないですぐに寝てしまう
  6. 今まで楽しかったはずのことが楽しくなくなる
  7. 友人との予定をすっぽかしたりする
  8. いつ何をしたのか思い出せなくなる
  9. 自分が落ち込んでいることに罪悪感を感じる
  10. 何もできないことに自分を責めてしまう
  11. 死にたい気持ちがある
  12. 積極的に生きたいと思わない
  13. 事故などで突然命を奪われてもいいと思う

いかがだったでしょうか?

思い当たることが多かった場合、ストレスを溜め込みすぎている可能性が非常に高いです。

またうつ病は1つの症状だけではありません。

顔の表情に変化が出たら

うつ病

まず自分がうつ病になっているということを、自覚してしてしまいましょう。

うつ病は病気です。

決して悪いことをしているわけではありません。

うつ病に 助けが必要だということを恥だと思うことは必要ないのです。

様々な治療法はあるにせよ、まずは心療内科、精神科、メンタルクリニックに受診予約をし、今あなたの状態を話しましょう。

その状態によって意思がきっとあなたに合った薬もしくは、アドバイスをしてくれるはずです。

うっちー
うつ病は正しく治療していけば、社会復帰できる病気です。

病気の時は自分のベストを出せないのが当たり前です。

あなたが元気でいることが周りのみんなの幸せなのですから、そのためにもあなたが元気になるように、ちゃんと療養し、治療をすすめ 元気だった自分を取り戻してください。

うつ病は十分治療が可能な病気なのです。

まずは焦らずまずはゆっくり休みましょう。

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】