うつ病の人に仕事の求人はあるのか?転職就職を成功させる方法

うつ病

この記事を読んでいる方は、きっと下記のようなこと思ってると思います。

  • うつ病なのに転職できるのか?
  • そもそもうつ病なのに正社員として雇ってもらえるのか?
  • うつ病とばれたら就職できないんじゃないだろうか?
  • うつ病は治ったけれど、転職先で再発したらどうしよう?

うつ病」になってしまう人は大概、心配性です。

これは決して悪いことではありません。

それだけ生きることに対して真剣に考えている証拠なのです。

うつ病などの精神疾患を抱えたまま、就職先が転職先を探すのはすごく大変で不安です。

しかしうつ病でも就職や転職することは可能です。

うつ病は再発のリスクがあるので、企業によっては書類審査で落ちてしまうこともありますが、かなり社会的に認知されてきたので、逆にうつ病だとオープンにしたほうが就職しやすいという状況もあります。

うっちー
今回はうつ病で就職や転職をしたいけれど不安だという方のために、どのようにステップを踏んでいったら具体的に就職や転職まで行けるのかご説明したいと思います。

>>>障害のある人を対象とした人材紹介会社を利用する

うつ病だと分かったら休職をしよう

今の職場がブラック企業で、精神的に辛く、うつ状態になっているのであれば、仕事が原因でうつ病になっているので、まずはそこから脱出しないと症状がひどくなってしまいます。

私の場合ブラック企業で倒れるまで、働いた結果、約2年間自宅療養を余儀なくされました。

倒れた時には、血圧は67まで下がり、髄圧が急激に上がっていて、 年をとっていたら寝たままあの世行きという状態でした。

その後トイレ以外は寝た状態で三日間過ごし、2ヶ月ぐらいが自宅で横になっている状態だったと思います。

長期間休むと二度と仕事ができなくなるのではと不安になるかもしれませんが、ぶっ壊れてしまったらそれを直すまで大変な時間を要するのです。

うっちー
なので、もしかしたらうつ病かもしれない、と思ったら心療内科、精神科、メンタルクリニックを受信をして診断書を書いてもらい、休職しましょう。

休職、退職をしたらうつ病をコントロールできるようにしよう

うつ病と診断されたら、休職もしくは退職をすることをお勧めします。

うっちー
そしてしっかり療養し、うつ病をコントロールできる状態「寛解」の状態を目指しましょう。

うつ病は再発のリスクがある病気なので、完治することがありません。

完治ではなく寛解といいます。

人によってストレスと感じることが違うので、それがない環境で仕事をすることがベストです。

うっちー
私の場合のパターンは分っているのでそれを避ければ、多分再発はありません。

うつ病になった時の症状によりますが、ひどければ何年も治療を続けなければいけません。

ただ、病気ではあるので、ある程度コントロールするということはできます。

ちなみに私は再発するまで15年かかってます。15年は全く普通でした。

うっちー
そのような状態になれば就職、転職することは可能なので、しっかりと療養して、うつ病をコントロールできる状態にしましょう。

休職中の収入はどうするの

収入については「うつ病で仕事を休むと給料は出るの?休む理由になるの?」にも書きましたが、休職手当を出してくれる会社もありますし、有給休暇を消化するという手段もあります。

しかしそれだけでうつ病をコントロールできる状態に持っていくというのはなかなか難しいので、途中で傷病手当を受給することになると思います。

休業手当もそうですが傷病手当も、今まで支給されていた給料の6割から7割になってしまいますので、家族の協力も含めて経済的に家庭を守れるようにしましょう。

傷病手当の受給方法ですが、会社にいる会計士税理士などに手続きをしてもらうのであなたが直接する必要はありません。

必要となる書類は、毎月通っている診療所の診断書が必要になるだけです。

うっちー
なので余計な心配をせずにしっかりと療養をしましょう。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

うつ病になって転職を繰り返えさないためには

うつ病になると、早く転職先を探さないと焦ってしまうことがあります。

うっちー
特に傷病手当だけでは生活ができない場合などは、直っていないのに転職先を探してしまいがちです。

しかしこのような場合で転職に成功したとしても、うつ病が治っていないので再発し、また休職するというパターンになってしまいます。

うつ病を再発せずに仕事を続けていくためには、自分はうつ病というものを持っていると受け止めることが大切です。

心のバランスを取るために抗うつ剤を飲んだり、カウンセリングを受けたり、病気を良くするために行うことなのですから嫌がらずに続けてください。

うっちー
特に転職をしたいと思った時には、見てもらっている医師からアドバイスをもらえたらゆっくりと転職活動を始めるといいでしょう

うつ病の治療期間と休んだ後の転職は?

  • うつ病かもしれない、治療期間はどのくらいだろう?
  • うつ病になったら治療期間は休まなければならない?

となると収入のこと仕事のこと、治療のこと心配なことはいっぱいありますよね。

うっちー
でも、まずは「うつ病」をしっかり治すことが大事。

それからでも、転職を考えることは可能です。

ちなみに転職サイトならこのこれらを押さえておけば大丈夫。3分もあれば登録できるので登録だけでもしておきましょう。

 【IT業界で稼ぎながら学びたい方向け

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』※IT・Web業界に強い転職エージェント。多くの人事採用担当者との間に太いパイプ。

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】※取扱求人は500万円以上のみ。93%の方が年収UPに成功しています。

転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1※最大級の転職サイトなので案件が豊富。まずはここに登録が安全策。

レバテックキャリア※IT・Web業界に特化しているから業界トップクラスの求人数、採用ポイントにどこよりも詳しいので、転職の成果に差がつきます。

転職なら【doda】※転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用するならDODAです。大手なので案件も多く、登録して損しないはずです。

うつ病とバレても転職は成功する

うっちー
よくうつ病がバレると職場にいられなくなると思っている人がいると思いますが、逆に隠さない方が成功する場合が多いです。

なぜならうつ病をオープンにして転職した場合に、うつ病に理解のある会社であったり、逆にそういった事に疎い会社であったならば、あまりあなたのことを気にせずに働かせてもらえるので、あなた自身も楽だと思います。

うつ病をオープンにして就職活動をするときは不安がつきものですが、今はメンタルヘルスケアに力を入れている企業も少なくありません。労働契約法では安全配慮義務が課せられているので、社員の精神疾患や体調不良などの問題を投資するために、今では企業も気を使っているのです。

特にメンタルヘルスにかけるお金がある大企業や、メンタルヘルスに注目している企業などは、うつ病患者への理解が進んでいます。

どうやったらうつ病患者に理解のある会社だとわかるのか?

うつ病に理解のある会社が多いと言いましたが、自分で探して外側から判断するのは難しいと思います。

いくらあなたがうつ病だとオープンにして就職活動したとしても、その企業がうつ病に理解があるというわけではないのです。

うっちー
しかしうつ病隠さないで就職や転職するメリットは社会復帰がしやすいということです。

周りもあなたのことをわかってくれますし会社もそれを認知している。

そうすればあなたもすごく働きやすいのではないでしょうか?

もちろんうつ病をオープンにすると周りから偏見を持たれることもあるかもしれません。

しかし最終的にあなたがいやすい場所を見つけるには「あなたがうつ病を患っていたということを隠さなくていい職場」を見つけた方がいいのではないでしょうか

とはいえうつ病をオフにして自力で転職先を見つけるのは非常に不安があります。

そのような場合に力になってくれるのが転職エージェントの存在です。

障害のある人を対象とした人材紹介会社を利用する

うっちー
今では専門的に、障害のある人を対象とした人材紹介会社を利用するという手段もあります。

この場合仕事内容や職場環境など具体的な仕事情報を豊富に持っていることが多く、ハローワークにもない案件や、大手企業などの案件を持っていて、自分の今のうつ病の状態に適した求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

またサポートもしてもらえるので、一人で探すよりは障害のある人を対象とした人材紹介会社を利用するのがおすすめです

うっちー
障がい者向けに特化した転職支援サービスです。

大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップをご用意しています。

dodaチャレンジは、転職大手サービスのパソナグループが作った障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポートしてくれるサービスです。

⇓⇓⇓


転職成功へ導くために、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)もあり、一人おひとりの状況に合わせた転職活動をサポートしてくれます。

ただし、障害者手帳を所持していないとサービスを受けれないので、ただ鬱病だという診断だけではサービスは受けれませんので、気を付けてください。

 

お仕事復帰や自立を全力サポート | 就労移行支援のCocorport(旧社名:Melk)は障がいのある方が就労に向けたトレーニングを行い、 働くために必要な知識やスキルを習得し、就職後も職場に定着できるようサポートをしてくれるので安心。

⇓⇓⇓


ご利用料金 ご本人または配偶者の前年度所得に応じて、利用料(1割負担)がかかる場合がありますが、 現在9割以上の方に自己負担なくご利用いただいています。

※障害者手帳をお持ちでない方も対象となります。

 

【パーソルチャレンジ・ミラトレ】働く未来をあきらめない就労移行支援は障害のある社員300人超が活躍してる特例子会社だからこそ培った就労継続ノウハウを活かしたトレーニングプログラムを提供。

⇓⇓⇓


高い実績 「就職率98%」「職場定着率80% ※就職後半年後の定着率」

※通院歴で障害者手帳をお持ちでない方も対象となります。一度お問い合わせください。

まとめ

うつ病は治る病気です。

そして、治れば通常の生活に戻れます。

うっちー
私は2度経験しましたが、1度目と2度目の間15年近く間がありましたが、非常に楽しい日々を過ごせました。

しかし再発があるのもうつ病です。

今回は、すでに1度うつ病を体験し、闘病を家族も体験していたということというのもありますが、周りがしっかりサポートしてくれたこと。

そして、もしかしたらもう一度同じようなことが起こるかもしれないと、自分で再発した時のために、リスク管理していたこと。

これで助かりました。

まずは焦らずまずはゆっくり休みましょう。

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】