うつ病の特徴がどんなことか知っていますか?症状や治療は?

うつ病

こんにちは!うっちーです。

28歳でうつ病になり、メニエール病などもありましたが、49歳でうつ病が再発するまでは、普通に働いていました。

今は、自宅療養中ですが、「うつ病」のリハビリも兼ねてブログを書いてます。

今回はうつ病の特徴についてご紹介したいと思います。

気分が落ち込んでいたり、うれしかったりするときに一番現れるのが、顔つき、顔の表情ですよね。

ですけどそれだけではないうつ病の特徴を知っていれば早期発見もできるかもしれません。

特にうつ病の初期の症状を発見できれば、それだけ早く治ります。

という事で行ってみましょう。

うつ病とは心の病気だけど体に症状が現れる

うつ病は心の病気ですが、体に明確な症状が現れることがあります。

  • 冷や汗をかく
  • 心拍数が急に上がる
  • 体が重い
  • 疲れが取れない
  • 眠れない
  • 朝起きれない
  • 何もやる気が出ない

といった気持ちでは何とかしようとしても体が全く言うことをきかなくなっていきます。

それでも、無理してなんとか仕事に行ってはいましたが、車が通る度に「もしここに飛び込んだら楽になれるのに」とか思いだし、徐々にその回数が増えてきたので自分でも、自分がおかしくなっていると気づき始めます。

飛び込んでしまってからではもう遅いのです。実際私の幼馴染がおととし自らの命を絶ちました。高学歴で性格もいい奴だったのですが仕事のノルマに押しつぶされてうつ病になり、実家に家族で帰っていたのですが、一度未遂があった後に、自ら命を絶ちました。

うつ病になると、言葉では表現しづらいのですが、どうしようもないほどの沈んだ気分になり、何をやっても興味を感じることがなく、今まで楽しかったことも全く楽しくなります。

これがほとんど一日中、そして一日中続くようであるとさすがに日常の生活に支障が出てきます。

私の場合に最初に仕事でもミスが非常に多くなってきました。

また言ったことを覚えていなかったり、言われたことを覚えていなかったり記憶の能力が格段に落ちたことを覚えています。

そんなことではだめだと記憶術を休みの日に勉強してみたり、メンタルが弱いからだとメンタルも勉強してみたりはしましたが、根本の原因はそういったものではないのです。

メンタルが弱いからうつ病になると思われがちですが、我々よりメンタルがはるかに強いプロのスポーツ選手でさえうつ病になることがあるのですから、誰だってなりえる病気がうつ病です。

これが初めて私が気分なった時の、体の状態や心の状態でしたが簡単に整理してみたいと思います。

うつ病の種類について

うっちー
うつ病には分類があります。私も調べてみるまで知りませんでした。

まずは、うつ病の分類方法の代表的なものをご説明します。

外因性あるいは身体因性のうつ病

身体因性うつ病とは、アルツハイマー型認知症のような脳の病気、甲状腺機能低下症のような体の病気、副腎皮質ステロイドなどの薬剤がうつ状態の原因となっている場合をいいます。

内因性のうつ病

内因性うつ病というのは典型的なうつ病であり、普通は抗うつ薬がよく効きますし、治療しなくても一定期間内によくなるといわれます。

ただ、本人の苦しみや自殺の危険などを考えると、早く治療したほうがよいことは言うまでもありません。

躁状態がある場合は、双極性障害と呼びます。

うっちー
多分私はこれだと思います。

心因性あるいは性格環境因性

心因性うつ病とは、性格や環境がうつ状態に強く関係している場合です。

抑うつ神経症(神経症性抑うつ)と呼ばれることもあり、環境の影響が強い場合は反応性うつ病という言葉もあります。

うっちー
今回はもしかしたらこれかなーパワハラ、モラハラあったし。

このような原因を重視したうつ病分類が一般的でしたが、最近では原因を重視したうつ病分類とは異なる視点からの分類が、よく用いられています。

DSM-Ⅳという診断基準(アメリカ精神医学会)

アメリカ精神医学会が出しているDSM-Ⅳという診断基準には「気分障害」という項目があり、それをうつ病性障害と双極性障害に分けています。

さらにうつ病性障害の中に、一定の症状の特徴や重症度をもつ大うつ病性障害と、あまり重症でないが長期間持続する気分変調性障害があります。

うつ病の分類

上記二つの分類法は異なる立場からの分類であり、それぞれに長所と短所があります。時に「内因性うつ病=大うつ病性障害」「抑うつ神経症=気分変調性障害」のように誤解している方がいますが、適切に使い分けることが大切です。

うつ病の症状の初期

まずはうつ病に典型的な初期の症状として現れるものご紹介します。

  • 不眠
  • 不安

大まかではありますが、初期の症状としてこのような症状が出てきます。

身体的には

  • 心臓がドキドキする。
  • 呼吸が苦しい。
  • 手足が震える。
  • 理由もなく汗が出る
  • 胃が痛い。
  • 頭痛がする。
  • 食欲がなくなる。

 

といった新身体症状が出てくるのが初期の症状と言われています。

また、近年では泣くと逆にセロトニンのが出て、身体のマンガンも出ていくのでうつにはいいのだとか。

うつ病の人の顔の表情に変化は?

うっちー
今回の場合ですが、最初に気づいた変化は今までやれていたパソコンの事務処理で、ミスが多くなってきた。ということです。

昔からパソコンには慣れているので、事務処理などはあまり気にせずできていたのですが、ある日打ち込んだ後に、ミスが多くあったのを、同僚に指摘され、慌てて訂正をした時がありました。

それまでの自分と比較すると、明らかに変だったのですが、あまり重要に考えずにちゃんと確認しようと考えただけで、うつ病の兆候だったなんて思いもしませんでした。

これは今回のうつ病になった時の初期の変化です。

前回の時は、はっきりとは自分では覚えていないのですが、家内が言うには、日に日に痩せていったという変化が見られたそうです。

それと表情が暗く目つきがぼんやりしていたとも言っていました。

また体臭が獣のような臭い匂いになって、独特な体臭だったとも言っています。

体臭については自分は疲れてくるとこうなるのかということを今回感じました。

うつ病の特徴と見た目

うつ病は自分でほとんど気づきません。

うっちー
ちょっと風邪で調子が悪いかなあぐらいはあることですが、それが休みのたびに起こったり、長引いたりするとちょっと風邪かなと思うぐらいの場合が多いです。

私もそうでしたが、仕事をしている時にはもっと頑張らねばと思いつめてしまうので、このぐらいは平気だと仕事をしている時には我慢をしてしまいます。

うっちー
しかし休みになると、気が緩むので風邪のような症状になったり、体がだるくなったりというのが、年間のうちに何回かありました。

これは頻繁になってくると、仕事の時も同じような症状が出るようになるので、このまま続けるとうつ病がひどくなって重症化してしまいます。

そうならないためにも家庭や職場でちょっとしたサインを見逃さないようにしておいてください。

家庭におけるうつ病の人の見た目のサイン

  • 元気がない
  • 口数が少ない
  • ぼんやりしている
  • 食欲がない
  • 何かを楽しんでやっていない興味がない

職場におけるうつ病の人の見た目のサイン

  • ミスが多い
  • 作業の能率が下がっている
  • 計画や準備をしていない
  • 集中力が低下している
  • イライラした行動が多い

といった見た目の行動が出ている場合には、うつ病かもしれないと周囲の人が気づいてあげてください。

うつ病が重度なのか?軽度なのかのチェック

うつ病チェック

  1. 1日中憂うつな気分が続いている
  2. 何に対しても興味や喜びが持てない
  3. 疲れやすくやる気がおきない
  4. 集中力、注意力が低下している
  5. 自分には価値がないと感じ、自信を喪失している
  6. 自分が悪い、自分の責任だと罪の意識を感じる
  7. 将来に希望が持てず、悲観的な気分である
  8. 自殺を考えることがある
  9. 夜寝付けない、夜中に目が覚める、朝早く目が覚める、寝過ぎてしまう
  10. 食欲低下または食欲増加(過食)している

 

上記チェックで

  1. 「はい」が0個の方⇒うつ状態ではないでしょう
  2. 軽度のうつ状態の可能性があります
  3. 軽度〜中程度のうつ状態の可能性があります
  4. 中程度〜重度のうつ状態の可能性があります
  5. 重度のうつ状態の可能性があります

うっちー
特に1,2が2週間続いている方は早めに心療内科、精神科、メンタルクリニックでの受診をお勧めします。
また、うつ病は軽症なほど、治療期間が短くて済みます。

軽症だからといって放置し自己治癒しようとはしないで、専門医の診断を受けましょう。

重度と判定されるのは6個以上ある場合ですが、

「自殺を考えることがある」場合には、チェック項目の数にかかわらず、周囲の助けも必要ですが、入院して監視を付けながら、治療をすることをお勧めします。

うつ病になった時にこの病院で大丈夫かと思う瞬間

うっちー
大きな会社などには産業医や、カウンセラーなどが入ると思いますが、そういうメンタル的なケアをしてくれない会社も多くあります。

そんな時にどういった病院に行けばいいのか、どんな医師にかかればいいのか選ぶの難しいですね。

私としては今までかかってきた心療内科や精神科、メンタルクリニックで、

「このお医者さんで大丈夫か?」と思った瞬間がありますのでそれをご紹介します。

うつ病の治療の期間と具体的な流れ

うっちー
うつ病の平均的な治療の流れと期間をご説明します。

具体的なうつ病回復までのステップ

うつ病になった状態から平常時の気分に戻るまでの症状

  1. イライラや不安感が少し収まる
  2. 憂鬱感が軽くなる
  3. 生活への興味が戻る
  4. 簡単な家事や外出が出来る
  5. 生活が少し楽しめるようになる

直線的に良くなるのではなく、一段一段登る感じで症状が回復します。

途中、不調になることもありますが、そういう時はしっかりと医師と相談すれば大丈夫です。

うっちー
少し悪くなったからやはりだめだと思ってしまうのも、この時期で、うつ病は段階を追って治っていくという事を知っておけば安心です。

又、よくなったと勘違いして薬の服用、通院を止めてしまうと症状が戻り、また時間がかかりますので、よくなった、悪くなったと一喜一憂せずにゆっくり症状がほぼなくなるまで回復に努めましょう。

期間としては大体6週間から12週間が目安です。

良くなった状態を維持する期間

この期間はしばらく、通常の服用を続け、通院しながら、よくなった状態を維持していきます。

この期間で離脱したくなりますが、治癒はしていないので、服用、通院は続けます。

うっちー
正直、もう治ったと自分では思うのですが、勝手に治療を辞めると、抑うつ状態に戻ってしまうことが多々あり、それがきっかけで自殺を考えてしまうこともあるので注意が必要です。

期間は4か月から9か月になります。

日常生活や職場復帰のためのリハビリ

少しづつ生活や職場への復帰を考えるのはこの時期デス。

薬を飲んでも大きな変化を感じませんが、医師、薬剤師の指導の下服用を続けてください。

ここまで1年くらいを考えておけばいいでしょう。

うつ病の治療のために服用している抗うつ剤・向精神病薬

うつ病の治療で大切なのは、通院による医師とのカウンセリング、治療薬が2つの柱となります。

その柱である治療薬でと今回は、「うつ病」の治療のために使っている抗うつ薬・抗精神病薬の解説と個人的に感想を書いてみたので読んでみてください。

うつ病の対応

まず「うつ病」が疑われるなら、下記のことをチェックしてみてください

  • 元気がない
  • 口数が減った
  • 趣味に興味をなくしている
  • 食欲がない
  • イライラしている
  • 眠れてない

これらの今までとは明らかに違った行動になってきた場合。

これらに対して言葉だけではなく、さりげない気遣いなど、本人が苦しいと思っていることへの、サポートを出来るようにし、まずは安心感を与えるようにしてあげましょう。

家庭でゆっくり休める時間と場所をとることが必要です。

焦らずまずはゆっくり休みましょう。

ここでの対応で病気の進行を防止するだけではなく、回復へ促していくこともできます。

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】