うつ病で目がおかしい?原因は?見づらくなるのはなぜ?

うつ病

物が見えづらくなったり、見づらいという現象があることありませんか?

年齢などでは老眼だったり、視力の衰えなどがありますが、ストレスによって心因性の視力障害ということになっている可能性もあります。

過度なストレスによって、ぶっちゃけた話「うつ病」になっているということです。

とはいってもまだ軽症なはずです。

今回は心因性視力障害になる原因と対策をご紹介します。

うつ病が原因の心因性視力障害

うっちー
日々の生活の中で精神的なストレスがかかると、物が見えづらくなったり、目が疲れたりすることはよくあることです。

ただこのようなストレスが、頻繁に起こったり、慢性化することによって、睡眠不足を起こしたり、疲労が取れなくなったりする原因となって、最終的にうつ病になってしまうことがあります。

うつ病が原因の申請の視力障害というのはどういうものがあるんでしょうか?

心因性の視力障害の症状

心因性の視力障害は、ストレスによって眼精疲労や眩しいといった過剰な反応や、視力の低下を急激に感じるなど今までなかった変化を感じることから始まります。

うっちー
実は大人だけではなく、小学生中学生にこのような心因性の視力障害というのが多いのです。

小学生中学生の心因性視力障害とうつ病の関係

心因性視力障害とは、視力低下を引き起こす原因が、「眼球」「脳神経」などにないにも関わらず、視力低下を起こしたり、明るさに敏感になってしまったりすることをいます。

近年小学生や中学生に多く見られるもので、精神的ストレスなどが原因で眼鏡屋コンタクトレンズなどをしても、視力が良好になりません。

うっちー
このような場合、本人が自覚していなくても、心にストレスが溜まっており、心身ともに休養を必要としているサインだと思ってください。

特に、子供にとっては環境が変化するなどといった時に、ストレスを感じる。もしくは、苦手とする教科の時に変化があるといった傾向があります。

心因性視力障害が起きた場合の治療は?

うっちー
心因性視力障害の治療は、精神的ストレスが原因となっている場合が多いので、ストレスの原因を取り除くことがまず先決となります。

そのため、周囲や家族の協力が不可欠です。

また眼鏡をかけることで、この症状が治り、度のないメガネを装着することもあります。

目や脳に原因がないため、ストレスを取り除いてあげればよくなりますので、過剰に心配する必要はないでしょう。

大人の心因性視力障害

大人の場合は視力の低下を起こす心因性の視力障害は少ないと言われていますが、引き起こす根本的な原因はストレスですので、過度のストレスを日々受けていると、目にも変化が起こってきます。

うっちー
ストレスによる眼精疲労やまぶしさというのは大人でも起きる症状です。

全くストレスがないという生活は難しいかもしれませんが、少し疲労が取れないというような時には、少し休養が必要になっているかもしれません。

まとめ

うっちー
私もよく目が疲れたということがありました。

今思えばストレスがかなりかかっていたんだと思います。

しかし目を温めたり、お風呂でゆっくりしたりストレスを取り除くことで翌日にはよくなっていたのであまり深く考えなかったのかもしれません。

うっちー
私の場合おそらく、ストレスを感じている初期の時には、目に SOS が出てくるのかもしれません。

人によって、心身の異常を知らせるサインというのは違うと思いますが、物が 視力が低下するということは一つのサインだということを覚えておいたほうがいいと思います。

焦らずまずはゆっくり休みましょう。

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】