うつの対応となった時の仕事、家族の対応の仕方、大切な人がなった時

うつ病

こんにちは!うっちーです。

28歳でうつ病になり、メニエール病などもありましたが、49歳でうつ病が再発するまでは、普通に働いていました。

かなりちゃんと働いてましたよーマジで!!(プロフィール

今は、自宅療養中ですが、「うつ病」のリハビリも兼ねてブログを書いてます。

今回はうつ病の対応と仕事、家族、職場の対応についてご紹介したいと思います。

そして、うつ病の対応方法を知っていれば、早く復帰もしくは転職できる可能性があります。

という事で行ってみましょう。

うつ病の対応:職場のパワハラ、モラハラの場合

仕事辞めたい

これは今回私がうつ病になって倒れて弁護士に相談した際に言われたことです。

うっちー
まず日本は証拠がないと裁判にもならないので、言った言わないといったような証拠にならないことでは、司法は介入できません。
  • 相手があなたにすごい酷い悪口を言ったとしても、録音された記録、聞いていた証人、 ネット上であればネット上の記録というものがなければ、裁判所は取り合ってくれません。
  • もし労災にしたい場合、過去1年間の勤怠記録、いじめがあったという証拠の二つがない限り労災の申請もできません。

ですからあなたがいじめを受けている時ににする対処方法は、いじめの内容を証拠として残しておくこと

  • いじめだと思った暴言の内容を録音しておく、メモで残す(証言してくれる人がいるとさらにOK)
  • いじめだと思った威圧的な行為の内容を録画しておく
  • いじめだと思った勤務記録の内容をコピーもしくは保管しておく

といった確実な証拠となるものを残しておかなければいけません。

日本は先ほども言ったように証拠がない限り、動いてくれません。

うっちー
逆に証拠が確実にあれば動いてくれます。

ですから、上司から暴言を毎日のように言われているのであれば、録音しておくとか、暴力を振るわれそうな場面になった時に友人に録画しておいてもらうとか、勤務記録をコピーしておくとか、そういったいじめの内容を記録しておく必要があります。

うつ病の対応:家族がなってしまったら

まず「うつ病」の初期の症状かもしれないと疑われるなら、下記のことをチェックしてみてください

  • 元気がない
  • 口数が減った
  • 趣味に興味をなくしている
  • 食欲がない
  • イライラしている
  • 眠れてない

これらの今までとは明らかに違った行動になってきた場合。

これらに対して言葉だけではなく、さりげない気遣いなど、本人が苦しいと思っていることへの、サポートを出来るようにし、まずは安心感を与えるようにしてあげましょう。

家庭でゆっくり休める時間と場所をとることが必要です。

ここでの対応で病気の進行を防止するだけではなく、回復へ促していくこともできます。

うつ病の対応:仕事はどうする?

あなたは仕事をやっていて楽しいと思いますか?

実はこんなデータがあるんですよ

うつ病

引用:仕事は楽しいですか? | マイナビニュース

仕事が楽しいということは「環境、収入、人間関係」などがうまくいっている証拠です。

仕事が楽しいと思っている人たちも半分いますが、仕事がつまらないと思ってる人も世の中には半分いるということです。

仕事に行きたくないというのは甘えなのか?

うっちー
仕事に行きたくないという理由の多くは、仕事が楽しくない。というふうに思っているからですが 、それは別に特別なことではないのです。

ですから、朝起きた時に仕事に行きたくないと思った時、これは甘えているんじゃないか?とか、社会人としてもっとしっかりしなきゃいけないという風にあまり自分を追い込まなくていいのです。

もしかしたら「うつ病」かもしれない

  1. 仕事に行きたくないと思うと体が震えたり涙が出たりしてしまうようなことがある
  2. 夜眠れない
  3. めまいがしたり、耳鳴りがしたりする
  4. 体がだるくてしょうがない

というような症状が出てきたら、「うつ病」かもしれません。

うつ病の初期はどういった症状が最初に出るかというのは人それぞれなので、分かりづらいのですが、いつもとちょっと違うなと感じたら、もしかしたらうつ病になりかけてるのかもしれません。

できるだけ症状が軽いうちに心療内科、精神科、メンタルクリニックで診療して診察してもらいましょう。

うっちー
もしうつ病と診断された場合は、体の SOS のサインに従って、自分の体を休めることを優先してください。

なかなか初期の状態で気づくことはあまりなくて、「会社に行かなきゃ」と自分の体に鞭打って行ってしまうことが多いのですが、それはかなり危険です。

あなたが倒れたとしても、会社は守ってくれません。

うっちー
自分の体を守れるのは自分しかいません。

会社からなんと言われようと、落ち着くまでしっかり療養しましょう。

うつ病の対応:職場への対応策と次へ移るまで

仕事辞めたい

ブラック企業辞める前にしておくこととして、いつ辞めるかというのを決めなければいけません。

それが決められるのは、次に働くところの内定が決まっていれば問題ないですが、何も決まってないと辞める日も決められません。

なので、自分がやりたいことが決まったらその分野の転職エージェントに相談し、次の転職先を探しましょう。

うっちー
探す前にアドバイスするとすれば、いくら好きであってもこれから儲からない業界に入ってはダメ、儲かる業界へ行きましょう。

確実に言えるのはこれから IT 業界の必要とする人員は減り続けます。

プログラミング

仕事はあるけれどやれる人がいなくなっていくのです。

統計上わかっていることなので確実です。

⇒IT企業系に強い転職サイト・転職エージェント3つ、仕事辞めたいなら見ろ!!

IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】

2020.03.05

もしも,あなたが携帯のゲームなどを作ってみたいと興味があるのであれば、その分野で経験を積むことで、おそらく思ってもみないような収入が入ってくるでしょう。

実際私の周りのフリーランスでやっている知り合いなどでは、初心者で it 業界に入って月収50万円というのはザラにいます。

私もプロフィールに書いてありますが、「うつ病」になり働けない状態になって、それでも暮らせているのもプログラミングと副業のおかげです。

うっちー
もし転職するのであれば、これから伸びる業界に行ったほうがいいと思います。

行ったことがないから無理だと言うのであれば、就職まで見てくれるプログラミングスクールもあるので、そういったスクールに入って就職先を探すのもありだと思います。 

お金があるならプログラミングスクールを使おう

自分一人でやっていると心が折れそうになるので、プログラミングスクールがオススメ。

個人的にはオンラインで学べて、就職までしっかり面倒を見てくれるTECH::CAMPの即戦力エンジニア養成プログラム【TECH::EXPERT】(私が始めたころはスクールとかなかったので( ノД`)シクシク…)

なんといっても挫折防止になるのと仲間が出来るというのはいいですよね。

有給休暇もしっかり消化する

またブラック企業だと、有給休暇が使えていないはずなので、会社を辞める日にちが決まったら、そこから有給休暇で逆算ししっかり有給休暇を消化してから退職できるようにしましょう。

これは当然の権利でので遠慮する必要はありません。最低でも2週間は年間あるはずです。

うつ病の対応:収入と職場復帰や転職に関して

うつ病

うつ病の時は一番辛いのは本人です。

うっちー
過剰な励ましや心配は避け、本人のペースを大切にしてあげてください。

病気とわかっていても元気のない状態をみると、周囲の人はつい励ましたり、いろいろと構い過ぎたりしてしまいます。

しかし、うつ病の患者さんは周囲の人々のこういった“配慮”に対して、とても大きなストレスを感じてしまうこともああるのです。

うつ病患者は、心身ともにとても疲れた状態にあります。『たまには気分転換にでも・・・』などといって外出などに誘いたくなりますが、これはかえって疲れさせる原因になります。

特に初期の頃は元気にさせてあげたいという思いがあってそのようにしがちですが、周囲の人は、患者さんがゆっくり休めるよう、環境を整えることが最も大事です。

うっちー
また、家族や接する方がうつ病患者のケアで心身ともに疲れてしまわないよう、リラックスできる方法を見つけ、病気と上手につきあう工夫をしてください。

双方が倒れてしまっては仕方ないですから。

心配なのは、仕事への復帰だと思います。元の職場に戻れれば一番いいですが、いったん長期治療に入ると戻れなくなるのが現状です。

そうなった場合は、専門の就職エージェントに相談をして、あなたに無理のないスケジュールで安心して働ける環境を見つけましょう。

障害のある人を対象とした人材紹介会社を利用する

今では専門的に、障害のある人を対象とした人材紹介会社を利用するという手段もあります。

この場合仕事内容や職場環境など具体的な仕事情報を豊富に持っていることが多く、ハローワークにもない案件や、大手企業などの案件を持っていて、自分の今のうつ病の状態に適した求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

またサポートもしてもらえるので、一人で探すよりは障害のある人を対象とした人材紹介会社を利用するのがおすすめです

うっちー
障がい者向けに特化した転職支援サービスです。

大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップをご用意しています。

dodaチャレンジは、転職大手サービスのパソナグループが作った障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポートしてくれるサービスです。

⇓⇓⇓


転職成功へ導くために、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)もあり、一人おひとりの状況に合わせた転職活動をサポートしてくれます。

ただし、障害者手帳を所持していないとサービスを受けれないので、ただ鬱病だという診断だけではサービスは受けれませんので、気を付けてください。

 

お仕事復帰や自立を全力サポート | 就労移行支援のCocorport(旧社名:Melk)は障がいのある方が就労に向けたトレーニングを行い、 働くために必要な知識やスキルを習得し、就職後も職場に定着できるようサポートをしてくれるので安心。

⇓⇓⇓


ご利用料金 ご本人または配偶者の前年度所得に応じて、利用料(1割負担)がかかる場合がありますが、 現在9割以上の方に自己負担なくご利用いただいています。

※障害者手帳をお持ちでない方も対象となります。

 

【パーソルチャレンジ・ミラトレ】働く未来をあきらめない就労移行支援は障害のある社員300人超が活躍してる特例子会社だからこそ培った就労継続ノウハウを活かしたトレーニングプログラムを提供。

⇓⇓⇓


高い実績 「就職率98%」「職場定着率80% ※就職後半年後の定着率」

※通院歴で障害者手帳をお持ちでない方も対象となります。一度お問い合わせください。

うつ病は治る病気です。

そして、治れば通常の生活に戻れます。

うっちー
私は2度経験しましたが、1度目と2度目の間15年近く間がありましたが、非常に楽しい日々を過ごせました。

しかし再発があるのもうつ病です。

今回は、すでに1度うつ病を体験し、闘病を家族も体験していたということというのもありますが、周りがしっかりサポートしてくれたこと。

そして、もしかしたらもう一度同じようなことが起こるかもしれないと、自分で再発した時のために、リスク管理していたこと。

これで助かりました。

うっちー
それは、 プログラミングの勉強して自分でブログを作り、アフィリエイトをしながら副業して収入を別に持っていたこと。(アドセンス5万・アマゾン3万・アフィリエイト20万)

もしアフィリをしていなかったら今頃大変なことになってたと思います。

副業のことに関しては「独学でWeb制作初心者が月5万円稼げるようになるまでにした勉強法」にどのようにして稼いできたか書いてありますので読んでいただけると幸いです。

うっちー
まだ完治はしてませんが、旅行に行ったり、家でブログを書いたり、家族と一緒に食事をしたり、散歩に行ったり、今まで出来てなかったことができるようになったというのがすごく嬉しいです。

このブログを読んでくださっている皆さんの力になれれば幸いです。

焦らずまずはゆっくり休みましょう。

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】