うつ病の種類や症状からわかる症状の程度と治療期間

うつ病

こんにちは!うっちーです。

28歳でうつ病になり、メニエール病などもありましたが、49歳でうつ病が再発するまでは、普通に働いていました。

今は、自宅療養中ですが、「うつ病」のリハビリも兼ねてブログを書いてます。

今回はうつ病の種類や症状の特徴などについてご紹介したいと思います。

又、間違えやすいうつ病と違う病気との違いなども解説します。

そして、うつ病の特徴を知っていれば早期発見もできるかもしれません。

という事で行ってみましょう。

うつ病の種類一覧、うつ病にも種類があるの?

うっちー
うつ病には分類があります。私も調べてみるまで知りませんでした。

まずは、うつ病の分類方法の代表的なものをご説明します。

外因性あるいは身体因性のうつ病

身体因性うつ病とは、アルツハイマー型認知症のような脳の病気、甲状腺機能低下症のような体の病気、副腎皮質ステロイドなどの薬剤がうつ状態の原因となっている場合をいいます。

内因性のうつ病

内因性うつ病というのは典型的なうつ病であり、普通は抗うつ薬がよく効きますし、治療しなくても一定期間内によくなるといわれます。

ただ、本人の苦しみや自殺の危険などを考えると、早く治療したほうがよいことは言うまでもありません。

躁状態がある場合は、双極性障害と呼びます。

うっちー
多分私はこれだと思います。

心因性あるいは性格環境因性

心因性うつ病とは、性格や環境がうつ状態に強く関係している場合です。

抑うつ神経症(神経症性抑うつ)と呼ばれることもあり、環境の影響が強い場合は反応性うつ病という言葉もあります。

うっちー
今回はもしかしたらこれかなーパワハラ、モラハラあったし。

このような原因を重視したうつ病分類が一般的でしたが、最近では原因を重視したうつ病分類とは異なる視点からの分類が、よく用いられています。

DSM-Ⅳという診断基準(アメリカ精神医学会)

アメリカ精神医学会が出しているDSM-Ⅳという診断基準には「気分障害」という項目があり、それをうつ病性障害と双極性障害に分けています。

さらにうつ病性障害の中に、一定の症状の特徴や重症度をもつ大うつ病性障害と、あまり重症でないが長期間持続する気分変調性障害があります。

うつ病の分類

上記二つの分類法は異なる立場からの分類であり、それぞれに長所と短所があります。時に「内因性うつ病=大うつ病性障害」「抑うつ神経症=気分変調性障害」のように誤解している方がいますが、適切に使い分けることが大切です。

うつ病の種類や病名のチェック

  1. 1日中憂うつな気分が続いている
  2. 何に対しても興味や喜びが持てない
  3. 疲れやすくやる気がおきない
  4. 集中力、注意力が低下している
  5. 自分には価値がないと感じ、自信を喪失している
  6. 自分が悪い、自分の責任だと罪の意識を感じる
  7. 将来に希望が持てず、悲観的な気分である
  8. 自殺を考えることがある
  9. 夜寝付けない、夜中に目が覚める、朝早く目が覚める、寝過ぎてしまう
  10. 食欲低下または食欲増加(過食)している

 

上記チェックで

  • 「はい」が0個の方⇒うつ状態ではないでしょう
  • 軽度のうつ状態の可能性があります
  • 軽度〜中程度のうつ状態の可能性があります
  • 中程度〜重度のうつ状態の可能性があります
  • 重度のうつ状態の可能性があります

うっちー
自己判定した場合に、いま自分がどのぐらいになっているのかを客観的に知ることができます。

うつ病と間違えやすい病気とは?

うつ病と間違えやすい病気:不安障害

かつてはノイローゼと呼ばれていた、不安障害ですが、親友的な不安や、社会的なストレスが引き金となると言われています。

また性格的には神経質でこだわりやすく、非常に真面目な人はこうした疾患になると言われてきました。

うつ病になる人も性格は真面目で、執着的な人が多いと言われていますので、うつ病にもかかりやすいと言われます。

うつ病と間違いやすい病気:心身症

心身症はストレスや社会的な原因、心理的な原因によって、体に様々な症状病状が起こってくる病気です。

うっちー
要するに気の病が体の不調に出てくる疾患と言えるでしょう。

ストレスやこれによって伴う抑うつ状態が、気管支喘息、頭痛、 十二指腸潰瘍など、体の病気に笑わてくれば心身症となります。

そうでなければうつ病という可能性もあります。

うつ病と間違えられやすい病気:総合失調症

うっちー
かつては精神分裂病と言われたのが総合失調症です。

幻覚を見たり、妄想抱いたり、慢性期になると意欲の減退を起こしたりといったようなことは最近知られてきました。

総合失調症の発病時期と、慢性期に、抑うつ状態になることが指摘されていて、特に初期の段階ではうつ病との判別は難しいという専門家の意見もあります。

昔は精神分裂病と内因性うつ病は精神疾患を二分する典型的な精神病でしたが、最近では総合失調による抑うつ状態で見られたり、うつ病に妄想が見られたりと、賞状なども非定型化しているような感じがします。

うつ病と間違えやすい病気:認知症

高齢者のうつ病が認知症と区別がつきにくいことは、専門医からも指摘されているところで、物忘れがひどい、ぼんやりして質問に答えが返ってこないというような場合はうつ病なのか、認知症の症状なのかを判別するのは難しいです。

アルツハイマー型の認知症では、最初に物忘れから始まって、抑うつ状態になり、脳血管型認知症では、初期に抑うつ状態でみられるなど、認知症の症状によっても抑うつ状態の出方が違ってきます。

うつ病と間違いやすい病気:慢性疲労症候群

うっちー
原因不明の強い疲労感が長期継続する慢性疲労症候群

身体的には強い疲労感の他に、微熱、リンパ節 が腫れるなどと同時に、精神的には思考力の低下、睡眠障害など、抑うつ状態とうつ病に近い症状が現れます

うつ病と間違いやすい病気:パーキンソン病

脳細胞に変性が起こり、動作が遅くなったり、手足が震えたり、歩行が困難になるなど症状が現れるのがパーキンソン病です。

うっちー
顔の表情が乏しくなったり、話し方が単調になってしまうなど、その症状がうつ病と誤認されることが多くあります。 

うつ病と双極性障害(躁鬱)

精神疾患の世界的基準となっている、アメリカ精神医学会発行の DSM-5(精神疾患の分類と診断の手引き;最新版)』は、19年ぶりに2013年に改訂されました。

中でも、DSM-Ⅳまでは、同じ「気分障害」に分類されていたうつ病と躁うつ病が、「抑うつ障害群」と「双極性障害および関連障害群」という違ったカテゴリーに分類されています。

これもまた、双極性障害(躁うつ病)をうつ病とは違った病気として診断・治療していくという動向だと解されます。素人には間違われやすいかもしれません。

うつ病の症状の初期

まずはうつ病に典型的な初期の症状として現れるものご紹介します。

  • 不眠
  • 不安

大まかではありますが、初期の症状としてこのような症状が出てきます。

身体的には

  • 心臓がドキドキする。
  • 呼吸が苦しい。
  • 手足が震える。
  • 理由もなく汗が出る
  • 胃が痛い。
  • 頭痛がする。
  • 食欲がなくなる。

 

といった新身体症状が出てくるのが初期の症状と言われています。

また、近年では泣くと逆にセロトニンのが出て、身体のマンガンも出ていくのでうつにはいいのだとか。

うつ病の人の顔つきに変化は?

うっちー
今回の場合ですが、最初に気づいた変化は今までやれていたパソコンの事務処理で、ミスが多くなってきた。ということです。

昔からパソコンには慣れているので、事務処理などはあまり気にせずできていたのですが、ある日打ち込んだ後に、ミスが多くあったのを、同僚に指摘され、慌てて訂正をした時がありました。

それまでの自分と比較すると、明らかに変だったのですが、あまり重要に考えずにちゃんと確認しようと考えただけで、うつ病の兆候だったなんて思いもしませんでした。

これは今回のうつ病になった時の初期の変化です。

前回の時は、はっきりとは自分では覚えていないのですが、家内が言うには、日に日に痩せていったという変化が見られたそうです。

それと表情が暗く目つきがぼんやりしていたとも言っていました。

また体臭が獣のような臭い匂いになって、独特な体臭だったとも言っています。

体臭については自分は疲れてくるとこうなるのかということを今回感じました。

うつ病で行動がおかしい場合の感情と行動

私が普段ではありえないような、おかしな行動を起こした時に持っていた感情ですが、まずは一つ一つ思い出してみたいと思います

ちょっとしたことでイライラしたりした時

イライラしていた時は、周りの音に違和感を持って、その音が非常に不快に感じ、

うっちー
自分を攻撃してくるような音に聞こえ不安になっていました。

そしてちょっとしたことで家内に怒ったりしていた記憶があります。

特に大きな音がダメで、スーパーの特売日に行ったときはたまらず外で座ってしまいました。

突然怒りだす行動 

突然怒り出したときは、

うっちー
なぜか自分が非難されているような気がして

突発的に怒っていたと思います。相手からすれば何でそんなことで怒るんだろうという顔をしていました。

突然泣きだす

訳もなく涙が出ていた時は、どうしてこんな風になってしまったのか?こんな自分はもういらないのではないか?ダメなやつだ、といった

うっちー
自分を非難するような思いを自分に向けて放っていたと思います。

また周りのサポートに対して、何もできない自分が不甲斐なく、それで泣いていたと思います。

今のメンタルクリニックの先生と話すときは、記憶にある限り12月から2月くらいまで、30分くらい泣きながら話していたと思います。

そのくらい、感情コントロールが出来ませんでした。

いつもありえなかった行動に出てしまう

前回及び今回もそうですが、突然家を飛び出すということが何回かありました。

その場合には

うっちー
もう死んでしまおう

という気持ちで、自分なんてどうなってもいいと思っていました。

なので本当に1回は自殺未遂もあります。

うつ病 重度

うつ病が重度で入院しなければいけないのはどんな時?

うっちー
先ほども書きましたが、「自殺を考えることがある」場合には、一人にしたり、自宅での療養はお勧めしません。

重度と診断されている場合でも、自宅療養は可能ですが、本人が希望したり、医師の判断や、家族の勧めなどがあれば治療に専念できる入院を選択することも可能です。

その場合は、主治医と相談をして、どのくらいの期間どのような治療を行っていくのかを、一度話した方がいいでしょう

適切な治療を進めるためにも、専門医による診断は不可欠です。

うつ病の治療は薬で治すしか方法がないの?

うっちー
うつ病かも?と思ったら、心療内科、精神科、メンタルクリニックを受診してください。

その際、軽症なら薬はないかもしれません。

しかし、中度、重度なら薬を利用しながら治療を行います。

だからといって薬だけで治すのでは、治って社会復帰した際に再発する可能性があります。

再発する可能性を小さくしておくことも、治療しながらできます。

治療中に再発防止の治療で出来る認知行動療法

うっちー
うつになると、3つの側面が同時に障害されます。

  • 感じ方(やる気がしない、抑うつ的だ)
  • 行動(家に引きこもる)
  • 考え方(自分はだめだ)

これらはすべて、うつ状態で起きている脳内の変化をですが。

そして、お互いに関係しあって脳内で悪循環を起こしてしまっています。

うっちー
うつ状態で起きている脳内の変化そのものや、何とも言えない嫌な気分そのものを、薬以外の方法ですっかり治すのは容易ではありませんが、それに伴って起こった考え方や行動の変化については、対処する方法があります。

これら3つの因子の悪循環を防ぐ方法を、認知行動療法といいます。(私も調べて初めて知ったので今回試していますが、気分の安定が早くできたと思います)

認知行動療法とは

うっちー
うつ状態で出てくる「否定的自動思考」には、決まったパターンがあります。

感情の合理化

感情状態だけに基づいて結論ないし推論してしまうこと。

(例: ”こんなことも出来ない情けない人間だ、だから私はダメな人間だ、必要されない人間だ”)

過剰な一般化

1回だけ、あるいはごくわずかな経験で得られた事実から、より広い意味を持つ間違った結論に至ってしまうこと。

(例:前回は出来たけど今回ダメだった、やはりだめな人間だ)

すべてか無か思考

複雑な、あるいは連続的な結果を、訳もなく両極端に分けてしまうこと。

(例: これは成功するか完全に失敗するかのどちらかだ)

心の先読み

他人の考え・意図・あるいは動機に対して、否定的に推論すること。

(例:きっとあの人は私のせいで悩んでいる。私のせいだ)

個別化

 ある出来事・状況・行動などに際して、それが特別に、あるいは個人的に、自分の否定的な面を示していると考えてしまうこと。

(例:これだけ注意してもミスするなんて、やっぱり駄目な人間だ)

~すべきだ思考

 自分自身に対して、かたくなに基準を指示したり、外の出来事に対して実際には無理なくらいにコントロールできるはずだと思いこんで、命令的な言い方をすること。

(例:今回の目標は達成しなければならないその為に休みを返上してでもやるべきだ)

占い

 早まった、あるいは誤った悲観的な考え方。あるいは昔失敗したのだから今度も失敗するはずだと予想してしまうこと。

(例:きっと今回もこの間同様失敗するかもしれない)

ラベリング

人あるいは物事の好ましくない特徴によって、その人や物事を決めつけてしまうこと。

(例: 私は間違って選ばれてしまった、だからわたしは間違った人間だ。)

嫌な考えが出てきた時、その嫌な考えがどのようなパターンに基づいた否定的自動思考かを分析し、合理的な考え方の練習をするのですが、やり方は簡単です

認知行動療法のやり方

1)日記をつけるとき、左側のページだけに書き込むようにする。

2)うつ状態に特徴的な誤った考え方の部分に下線を引き、右のページに、それが表1のどれに当たるかを書き込む。

3)それに対応した、合理的な考え方を書き込む。

という方法です。

最初は苦しくて、書くのも嫌ですが、それはそれで「辛くて書けない」だけでもいいです。

これも合理的に考えれば、「辛いのは自分で何が自分を辛くしているのかを合理的に考えるようになります。」

うっちー
例えば「仕事のことを思い出してしまったから」「嫌いな上司、同僚のことを思い出したから」など辛さの原因を合理的に分析できるようになります

練習だと思って軽く考えてやっていると、「なんて馬鹿なことで悩んでるんだ」と思えるようにもなりますよ。


今日から使える 認知行動療法

うつ病の治療のために服用している抗うつ剤・向精神病薬

うつ病の治療で大切なのは、通院による医師とのカウンセリング、治療薬が2つの柱となります。

その柱である治療薬でと今回は、「うつ病」の治療のために使っている抗うつ薬・抗精神病薬の解説と個人的に感想を書いてみたので読んでみてください。

焦らずまずはゆっくり休みましょう。

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】