教育訓練給付制度って?申請は期間は?

失業保険,教育訓練

教育訓練に詳しく説明したいと思います。似た制度で職業訓練がありますが、今日は訓練と職業訓練は制度が違っています。

教育訓練は働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図るために作られた雇用保険の給付制度です。

一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)又は一般被保険者であった離職者が、厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合に、本人が支払った入学金受講料の一定割合に相当する額がハローワークから支給されます。

これが教育訓練給付金と言います。

対象となる講座を受講して無事終了した場合には支払った入学金や受講料の20%が支給されます。

※学費は(入会金+受講料)

※上限は10万円まで、4000円を超えない場合は支給されない。

うっちーです

  • 教育訓練の特徴と対象者とは
  • 支給額と手続きの場所は
  • 教育訓練の対象となる講座
  • という感じで書きたいと思います。
  • 教育訓練の特徴と対象者とは

教育訓練の特徴と対象者とは

教育訓練と職業訓練に大きな違いがあり職業訓練は離職者が対象となります。教育訓練は在職者でも離職者でも受けることができます。

職業訓練は無料で通うことができますが、教育訓練では学費の20%のみ支給がされます。

対象者は以下になります

初めて利用する人

雇用保険の被保険者であった期間が通算1年以上の場合に利用

離職者の場合は、退職の翌日から1年以内の受講開始で給付を受けることができます。

2回目以降の人

前回の利用から、受講開始日に雇用保険の被保険者であった期間が、通算3年以上の場合となりますが、平成26年10月以前に教育訓練給付金 場合には、3年以上の要件は必要となりません。

※被保険者でなくなった日から1年以内の方も対象となります。また妊娠、出産、育児、傷病などのわけで受講できなかった場合所定の手続きを取れば4年以内の延長も可能です。

支給額と手続きの場所は

支給額

教育訓練給付金の支給額が支払った額(入学金や学費)の20%に相当する額を上限で10万円、4000円を超えない場合には支給はされません。

教育訓練給付金の手続き

書類一式を管轄するハローワークに申請します。

受講終了後に必要書類を持参してハローワークに申請をし、本人がまず先に受講料や入学金などを支払った後、教育訓練終了後にあるワークに請求する流れとなります。

必要書類

  • 教育訓練給付金の受給資格者証(教育訓練給付金及び教育訓練支援給付金受給資格者証)
  • 教育訓練給付金支給申請書
  • 受講証明書又は専門実践教育訓練修了証明書
  • 領収書
  • 返還金明細書(「領収書」、「クレジット契約証明書」が発行された後で教育訓練経費の一部が教育訓練施設から本人に対して、還付された(される)場合に必要)
  • 資格取得等したことにより支給申請する場合は、資格取得等を証明する書類

教育訓練の対象となる講座

厚生労働省の指定された教育訓練には様々な講座があり、全ての口座から民間が行う講座となっていますので是非調べてみましょう。

事務関係の資格や講座

実用英語技能検定
TOEIC
TOEFL
中国語検定試験
HSK漢語水平考試
日本語教育能力検定試験 ※語学試験については一定レベル以上を目標とするもの
建設業経理検定
簿記検定試験(日商簿記)
情報関係の資格や講座
Webクリエイター能力認定試験
Microsoft Office Specialist2010、2013、2016
CAD利用技術者試験、建築CAD検定
Photoshopクリエイター能力認定試験
Illustratorクリエーター能力認定試験
VBAエキスパート
Oracle認定資格・LPICなどでITSSレベル1の資格
Oracle認定資格・LPICなどでITSSレベル2の資格
シスコ技術者認定などでITSSレベル3以上の資格
第四次産業革命スキル習得講座(新技術・システム(クラウド、IoT、AI、データサイエンス)
高度技術(ネットワーク、セキュリティ)など)

輸送・機械運転関係の資格や講座

大型自動車第一種・第二種免許
中型自動車第一種・第二種免許
大型特殊自動車免許
準中型自動車第一種免許
普通自動車第二種免許、けん引免許
玉掛け・フォークリフト運転・高所作業車運転・小型移動式クレーン運転・床上操作式クレーン運転・車両系建設機械運転技能講習
移動式クレーン運転士免許
クレーン・デリック運転士免許

医療・社会福祉・保健衛生関係の資格や講座

同行援護従事者研修
介護職員初任者研修
介護支援専門員実務研修等
特定行為研修
喀痰吸引等研修
福祉用具専門相談員
登録販売者試験
看護師
准看護師
助産師
保健師
介護福祉士(実務者養成研修含む)
美容師
理容師
保育士
栄養士
歯科衛生士
歯科技工士
社会福祉士
柔道整復師
精神保健福祉士
はり師
あん摩マッサージ指圧師
臨床工学技士
言語聴覚士
理学療法士
作業療法士
視能訓練士

色々と厚生労働省の教育訓練給付金制度の講座指定について調べてみました。

失業してしまったらまずは、失業保険の手続きをして安心して、就活、転職活動をしましょう。

最後に転職に強い(特にIT関係)転職サイト・エージェントをご紹介しておきますので、さっそく登録してみましょう。

超簡単に登録できますからご安心ください。(#^.^#)

※なぜ私がIT関係をお勧めするのかの理由は在宅で仕事が出来るからです。コロナなんてへっちゃら。

転職に強い(特にIT関係)転職サイト・エージェント

強い転職サイト・転職エージェント

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』※IT・Web業界に強い転職エージェント。多くの人事採用担当者との間に太いパイプ。

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】※取扱求人は500万円以上のみ。93%の方が年収UPに成功しています。

転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1※最大級の転職サイトなので案件が豊富。まずはここに登録が安全策。

[AidemSmartAgent]転職※思った以上に大手の案件がきます。たまに「え!嘘!」というのもあるので登録して損はないと思います。

レバテックキャリア※IT・Web業界に特化しているから業界トップクラスの求人数、採用ポイントにどこよりも詳しいので、転職の成果に差がつきます。

転職なら【doda】※転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用するならDODAです。大手なので案件も多く、登録して損しないはずです。

この他にも、新卒転職第二新卒転職20代転職30代転職40代転職50代転職中卒転職高卒転職専門学校卒転職大卒転職大学院卒転職障害者就職転職の記事もありますのでよろしければお越しください。<m(__)m>

というわけで、現場からは以上です。(”◇”)ゞ

それではまた!

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】