営業の仕事を辞めてから事務に転職したい女性の転職のメリットと実態

仕事辞めたい

普通女性が転職を考える際、時期としては結婚や子育てなどがきっかけとなって考えるものですが、営業職をやっていた女性が営業職に戻るパターンというのは意外に少ないです。

というのも終わる時間が不規則な営業職は子育てに影響が出てきます。

となると一般職、事務職を視野入れる方は多いのではないでしょうか。

今回は事務職への転職を考えている女性のために、事務職への転職の現状のメリットやデメリット、気になる職場での実態、転職する際のポイントなどをまとめてみました。

事務職の種類と未経験者求人が多い事務職

事務職に就きたいという方の為に事務職の種類必要なことを見ていきたいと思います。

一般事務

様々な事務業務を中心に行います。主に資料や契約書などの書類作成、電話、メール、来客対応、データ収集、ファイリングなどのを行う仕事です

営業事務

主に企業での営業担当者のサポートを行う仕事です。顧客からの電話対応、商品管理、在庫や納期管理、請求書の発行、プレゼンテーションの資料作成などです。

人事事務

人材募集、採用選考などの人事採用、社員の異動や退職に関する管理、給与支給計算、年末調整などの給与計算、雇用保険、労働保険の手続き、などの業務が任される部署です

総務事務

企業などの総務部において、社外の設備、備品の発注、株主総会の契約書作成、防災関連や福利厚生の手続き、各部署が円滑に業務を進めていけるような社内環境の改善などが主な業務になります

コールセンター

製品、サービスの注文受付や利用方法に関する問い合わせ対応、新商品の案内、アンケート、市場調査などを行います

受付

来客への対応、案内を主に行います。商品開発、イベントプランナー、店舗開発などは未経験の方でもない体になる可能性があります。

女性が転職で事務職を選ぶメリット

転職の事務職を希望する女性がとても多いです。具体的にはどのようなメリットがあるんでしょうか?

転勤がない

営業職などの職業だと収入がいいのですが、転職などはつきものです。配慮してる会社もあるとは思いますが、落ち着いて子育てをしたいという女性にとっては夫婦離れ離れになる可能性がある営業職というのがデメリットは大きすぎます。

収入は多少少なくても一緒に住める事務所が方がメリットが大きいのです。

残業がほとんどない

自分では他の職種と違いノルマというのがありません。そのため会社が定めた定時できっかり仕事を終えて家に帰ることがほとんどです。

ただし近年ではパートタイムや派遣などの方が多くなってきて収入面で社員との開きがあるというのも問題になっています。

時間通りに帰れるという意見はありますが仕事内容はほとんど同じなのに給料面待遇面で大きな開きがあるということは社会問題化しています。

なのでもし採用してもらう場合には正社員で採用してもらうようにしましょう。

未経験でも採用されやすい

事務職で必要とされるスキルは他の職種に比べて、特別な難易度が高いスキルはありません。

それよりも仕事 やってくれる真面目さや、ちゃんとコミュニケーションを取れる適応力の方が要求されます。

なので未経験であっても採用されやすく、初めての転職を考える女性も多いようです。

ブランクがあっても採用されやすい

未経験でも採用されやすいということと似ていますが、子育てが終わってからブランクがあっても採用されやすいという特徴があります。

正しい先ほども書いたように派遣やパートでの採用が多くそうした面も考慮に入れながら求人を見るようにしましょう。

育児や介護に理解がある

事務職で働く女性は家庭を持っているので、子供がいたり介護するべき人がいたりと言うことが多くあります。会社としてもそこら辺に理解をしっかり持っている場合も多く、入社する場合チェックの項目に入れといてもいいかもしれません。

子育てや介護をしながら育てやすい環境であれば女性にとって大きなメリットでしょう。

事務職に転職する時のデメリット

事務職に転職する時のメリットをされてきましたが、メリットがあれば当然デメリットもあります。

競争率が高い

女性にとって人気のある職種であるので競争率がとても高いです。

特に重要麺や待遇面は良かったり、正社員採用されたり、福利厚生が充実していたり、立地が良かったりすると応募が殺到するので、採用されるハードルが高いと考えた方が良いです。

高収入は見込めない

たとえ社員として採用されたとしても、高収入が見込めません。

ベンチャー企業などの特別な所に入れば別かもしれませんが、そうした企業で事務職で入った場合、仕事の量や要求されるものはかなりレベルの高いものになると想像できるでしょう。

そうしたことを望まない場合は収入面に関しては、ある程度高望みを いいと思います。

 職歴、経験が活かせない恐れがある

未経験でも採用されやすいということは、職歴や経験などは関係がないということもあります。

今まで頑張ってきた仕事の経験を活かした職に就きたいという方は、できるだけ同じ業種の事務職を選ぶことをお勧めします。

仕事の内容は

仕事の内容はそれほどスキルが高くなくてもやれる仕事内容であり時間内で終わる量でもあるので毎日淡々と終わらせられるものです。

責任は果たされる仕事というのは回ってこないので、一見やりがいを保つのに大変なところがありますが、メリットとあげたところを重要視するのであれば、やりがいやモチベーションというものを求めない方がいいかもしれません。

事務職に向く人の特徴とは

  • まじめな人
  • 細かいところまで気を遣える人
  • 人とのコミュニケーションをスムーズに取れる人
  • 人のサポートをするのが好きな人
  • 同じ作業をコツコツ進めることができる人 など

性格面は絶対とは言えませんが仕事バリバリやりたい人や自己主張が強い人にはちょっとつらい職場になるかもしれません。

一般事務への転職役立つ資格やスキル

一般事務には代表的な三つの資格とパソコンスキルが役に立つと言われています

一般事務職への転職に役立つ資格 MOS

MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)は、OfficeのWordやExcel、Power Pointといったソフトのスキルを認定してくれる資格です。

一般事務では必ず使われソフトであるため、この資格を持っているということは転職に有利に働き、採用側としても採用の基準の一つとなると思います。

一般事務職への転職に役立つ資格 簿記検定

転職先の企業に経理担当者がいない場合は、一般事務がその業務を担うこともあります。

そんな時に有利なのが簿記検定です。

簿記の資格を持っていることで、経理関連の業務をこなせる人材を探している企業へ大きなアピールとなります。

人件費を抑えたいと思っている企業にとっては一般事務もできて経理もこなせる人が入ってきた方が助かるのです。

応募先の企業によっては、他の応募者と大きく差をつけられてしまうので是非とも押さえておきたい資格と言えます。

できることならが2級以上を習得しているのが望ましいでしょう。

一般事務へ転職するのに役立つ資格 秘書検定

一般事務は、来客やメールの応対、電話対応だけにとどまらず、書類の作成や整理整頓といった業務も行います。

秘書検定は、ビジネスにおける対応の仕方やスケジュール管理など、一般的なビジネスマナーの知識を問うものです。秘書検定を持っていればこうしたビジネスの一般常識があることを証明できるため、転職の際に有利になると言えます。

もちろんこちらも等級がありますので2級以上習得しておくことが望ましいでしょう。

女性の事務職の給料はいくら

一番気になる分野だと思いますが月々のお給料についてはどんなに働きやすい環境であっても、生活できて納得できる給料が出なければ働きがいというのもなくなるというものです。

実際女性の事務所がの給料はいくらなのでしょうか?

平均月収 

仕事辞めたい

はたらいく

月収はは15万から20万が平均的です。

年収で言うと252万円、月の収入が18万円です。これには雇用保険や年金なども入っているので手取りで言うとマイナス2万円から3万円になるでしょう。

ボーナスについて

正社員で採用された場合夕食であってボーナスをもらえる会社はほとんどです。

一般事務職であるが2ヶ月から4ヶ月。夏と秋が一般的です。

ただし先ほども書いたとおりパートや派遣で入った場合、ボーナスはありません。

同じ職場で同じ仕事をしていたとしても正社員とパートでは大きな差があります。

転職で面接を成功させるためのポイント

転職活動の面接に慣れている人はなかなかいないと思いますが、成功するためのポイントを押さえておきましょう

身だしなみについて

第一印象である程度の印象というのは決まってしまうので面接時の服装は気をつけるようにしましょう。

事務の面接はリクルートスーツがおすすめです。目立つよりも品のある服装を心がけることが大切でしょう。

後はやはり清潔感を出すということが大切なのでインナーは白にシャツ、胸元は目立たないようにし、体のラインを強調せず全体的にやや遅めに見えるぐらいの格好が一番いいです。髪型も清潔に整えておけば長くても短くてもどちらでも大丈夫です。

面接でよく聞かれる質問に対しての返答について

転職理由は何ですかに対する返答

転職の理由は必ずしも前の会社の話をしなくてはいけないわけではないのですが、必ず聞かれるのが転職に対するわけです。

必ず答えるときは前向きな理由から話を始め、自分がどのように役に立つか経とうとしているのかということを強調するようにしましょう。

そうすれば採用する側も採用した場合どのように働いてくれるのかイメージがしやすくなってきます。

自己 PR をお願いしますに対する返答

これもよくある質問ですが、必要以上に自分を低く評価して謙遜して伝えることはありません。

しっかりとできること、経験してきたことを伝えましょう。そして働きたいという意思をしっかり見せることが大切です。

当社のことは知っていますかに対する返答

面接を受ける前に必ず受ける会社の情報は仕入れておきましょう。どのような会社なのか知っていることが大切なので知っていればそこから話題は広がるでしょう。

採用されたらいつから来れますかに対する返答

在職中なら引き継ぎ状況の音考え即答できるようにしておきましょう。その場合には転職したい旨を上司に伝えておき転職できる時期というのを見るとなく聞いておくべきです。

また退職しているのであればすぐに入社できると答えましょう。

他の求職者と差別化するためには

事務職は必ずしも特別なスキルや経験が要求されるわけではありません。。

他の求職者と差をつける方法は「この会社で働くことが楽しみでしょうがない!早く会社で働いてみたい!」という前向きな気持ちを前面に押し出すことです。

面接官も人間ですから、一緒に働いて意欲的に行ってくれる人、楽しく働いてくれる人を選びたくなります。

緊張するかもしれませんが自然に笑顔で会話できるように心がけてみてください。

転職サービスを利用するメリット

自分で就職活動をするときは不安や苦労が多いはずです。その際に力になってくれるのは転職サービスとなります。その活用法についてもちょっとまとめました。

転職サービスを使うメリット

転職サービスを使うメリットで一番大きいのが、転職エージェントと呼ばれるアドバイザーが転職サポートをしてくれるの最大のメリットです。

また非公開の求人情報があったり、本当の面接の前に面接の練習ができたり、あいだに入って話をしてくれたりと、あなたが就職するまで力になってくれます。

転職サービスを使うデメリット

転職サービスを使うデメリットは全部自分で進めなくていい代わりに営業時間がありその時間ぐらいしか動いてくれないということです。また雇用形態は正社員が多く職種の幅が狭いということもあります。 

とはいっても、サポートがあるのとないのとでは大きな違いがあると個人的には思います。

まとめ

仕事を辞めたい、もしくは私のように病気で退職した場合、いろいろと問題が出てきます。

その中でも収入は一番でしょう。(収入を上げる方法は一番最後に書いておきました。お急ぎの方は飛ばしてしまって結構ですよ( ´∀` ))

この記事を書いているのは、2020年4月20日コロナウィルスで都内の感染確認が3184人。緊急事態宣言が発令されて2週間の時に書いています。

私たちが健康的に生きていくための「役割を奪われる」というのは、すごくショックです。すごくよくわかります。

そんな時一番気を付けてほしいのが「うつ病」になってしまう事。このモードに入ると気持ちを安定させる事、冷静な判断をすることが出来なくなります。

これを乗り切るための「脳みそ」でいるためには、なんでもいいから行動してみる。昨日の自分より変化、進歩したことを実感できるようなことをする。というのがうつにならない予防です。Twitterの更新、フェイスブックの更新、ブログの更新なんでもいいです。

出来れば、そうしたことを習慣にしているといいです。なんで、大事な判断などをしなければいけない立場の人が、身体を鍛えるのかは、「昨日より変化、進歩したこと」を体重計や体脂肪計を見て、毎日実感し、精神を安定させるためです。心を整る作業なんです。

クリアできる、クリアしなければいけないミッションが目の前にあると人の精神は安定します。やる気とも言います。

自転車で言えば止まった状態で、今考えなくてもいいことを、考えて悩んでばかりいるかもしれません。

でも、悩んでばかりいる人は基本的に暇な人。時間があればあるほどジワジワと吸い込まれていくので、、、。

もしあなたの目の前に、今日中に耕さなければならない畑があり、その畑を耕さなければ自分は死ぬという場合だったら、悩んでいる場合じゃないじゃないっすか!

特に、店舗を経営していた人、急にリストラされた人、つらいのは凄くよくわかります。時間とお金が削られていく毎日は相当なストレス。

先が見えないことは、不安だし、乗り切ろうって気も起らないと思いますが、今回のようなコロナウィルスによる失業や店舗閉鎖は、又ありますよ。絶対にある!

2016年:鳥インフルエンザ42度、2017年:鳥インフルエンザと人のインフルエンザに罹った豚39度。

これが何を意味するかというと、病原菌の最も繁殖する温度を示しています。どんどん人の体温に近づいて、そして今回のコロナウィルス。必然今後も、又ある事は予想できる。

このページに来たという事は、失業保険の申請、金額などを調べに来たと思います。

それはそれでいいんです。大事なのはその後!あなたがどう行動するかで、今後の10年が変わってしまいますよ。

この機会にスキルアップたい方、さっさと再就職、転職を決めてそれから考えようという方は、是非下記項目を読んでみてください。

行動しないと、待遇、年収が良いところが埋まっちゃいますよ!

独学 or スクールでスキルアップ後、転職したい方向け

プログラミングの独学方法 ※私が実際に学んできたプロセスです

30代初心者でも3か月で出来るプログラミング学習の始め方

プログラミングスクール ※無料体験でWeb制作技術を学べます

プログラミングブートキャンプ無料体験 | TechAcademy

Webマーケの独学方法 ※僕が実際に学んできたプロセスです

独学でWeb制作初心者が月5万円稼げるようになるまでにした勉強法

企業で求められる即戦力技術が身につく ※未経験から99%の受講生が転職に成功。

TECH::CAMPの即戦力エンジニア養成プログラム【TECH::EXPERT】

 

 【IT業界で稼ぎながら学びたい方向け

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』※IT・Web業界に強い転職エージェント。多くの人事採用担当者との間に太いパイプ。

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】※取扱求人は500万円以上のみ。93%の方が年収UPに成功しています。

転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1※最大級の転職サイトなので案件が豊富。まずはここに登録が安全策。

レバテックキャリア※IT・Web業界に特化しているから業界トップクラスの求人数、採用ポイントにどこよりも詳しいので、転職の成果に差がつきます。

転職なら【doda】※転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用するならDODAです。大手なので案件も多く、登録して損しないはずです。

年収、将来性について気になる方はこちらの記事を読んでくださいね。➡「IT業界の将来性や職種、年収、本当にIT業界に将来性あるか?検証

という事で次行きましょ!くれぐれもブラック企業には気を付けながらね!(≧▽≦)

「今後、在宅勤務、テレワークが日本で多くなるとどうなるの?本当の働き方改革」に書いたようにこれから本当の働き方改革の波がやってきます。

うっちー
その時に、生き残れるのかは、行動するか?行動しないかです?
人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】