失業中の国民健康保険の手続きはどうするの?払うの?

国民健康保険

会社を退職した時に、会社で入ってきた健康保険が使えなくなります。

すぐに次が決まっていればいいのですが、決まってなくて退職した場合、国民健康保険に加入しなければなりません。

もちろん、フリーランスの方もそうなります。

うっちーです。

  • 軽減対象者
  • 軽減額
  • 軽減期間
  • 手続き

という感じで書きたいと思います。

軽減対象者

離職日の翌日から翌年度末までの期間

  1. 雇用保険の特定受給資格者(例:倒産・解雇などにより離職された方)
  2. 雇用保険の特定理由離職者(例:雇止めなどにより離職された方)として求職者給付(基本手当)を受ける方

軽減額

国民健康保険料(税)は、前年の所得などにより算出されていますので、軽減は、前年の給与所得をその30/100とみなしてあります。

例えて言うならば、前年所得が300万円であれば、90万として計算をすることになります。つまり所得額については7割の軽減となります。

軽減額などについてはお住まいの市町村に問い合わせたほうが確実です。

軽減期間

離職日の翌日から翌年度末までの期間になります。

手続き

国民健康保険料の軽減を受けるには届出が必要となります。詳細についてはお住まいの市町村の国民健康保険担当にお尋ね下さい。

国民年金を安くする⇒失業中の国民年金は免除されるの?減免出来るの?

失業してしまうと収入のことがすごく気になると思います。

突然、収入が途絶えるというのは本当に精神的に堪えます。

失業してしまったらまずは、失業保険の手続きをして安心して、就活、転職活動をしましょう。

最後に転職に強い(特にIT関係)転職サイト・エージェントをご紹介しておきますので、さっそく登録してみましょう。

超簡単に登録できますからご安心ください。(#^.^#)

※なぜ私がIT関係をお勧めするのかの理由は在宅で仕事が出来るからです。コロナなんてへっちゃら。

転職サイト・エージェントを使って、非公開求人を探すのか?

転職サイト・エージェントを使って、面接対策、会社の内部事情など表に出ない情報で検討するのか?

転職サイト・エージェントにはそれぞれ強みがあるので自分に合わせて登録しましょう。

転職に強い(特にIT関係)転職サイト・エージェント

強い転職サイト・転職エージェント

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』※IT・Web業界に強い転職エージェント。多くの人事採用担当者との間に太いパイプ。

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】※取扱求人は500万円以上のみ。93%の方が年収UPに成功しています。

転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1※最大級の転職サイトなので案件が豊富。まずはここに登録が安全策。

[AidemSmartAgent]転職※思った以上に大手の案件がきます。たまに「え!嘘!」というのもあるので登録して損はないと思います。

レバテックキャリア※IT・Web業界に特化しているから業界トップクラスの求人数、採用ポイントにどこよりも詳しいので、転職の成果に差がつきます。

転職なら【doda】※転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用するならDODAです。大手なので案件も多く、登録して損しないはずです。

この他にも、新卒転職第二新卒転職20代転職30代転職40代転職50代転職中卒転職高卒転職専門学校卒転職大卒転職大学院卒転職障害者就職転職の記事もありますのでよろしければお越しください。<m(__)m>

というわけで、現場からは以上です。(”◇”)ゞ

それではまた!

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】