傷病手当金と失業保険は両方同時に貰える?

傷病手当金,失業保険

実は私も傷病手当金をもらって過ごしていた時期があります 。某ブラック企業での残業、パワハラで「うつ病」になり倒れてしまい、傷病手当金をもらって治療をしました。

傷病手当金を受給している間、失業保険はもらえません

というよりは、働けないのであれば傷病手当金を申請しもらった方が絶対にいいです。(他にも収入の増やし方ありますけどね。最後のまとめに書いておきました)

今回は傷病手当金についてご紹介したいと思います。

傷病手当金について

傷病手当金とは会社員が怪我や病気で会社を休んだ時に、健康保険から傷病手当金が給付されます。手当金の額は給料の2/3程度出るので本当に助かります。

傷病手当金の支給期間は1年6ヶ月が限度となります。ただし同じ病名である場合には1年6ヶ月使ってしまうとそれ以上は使うことができません。

また業務上の怪我や病気の場合はより手厚い労災保険金の方で手続きをすることになります。

傷病手当金をもらえるためには猟犬としては勤続1年以上の健康保険の被保険者である本人である必要もあります。

傷病手当金の支給要件

病気やケガの療養のために働けないということと、入院はもちろん医師の指示があれば自宅療養も当然対象となります。

4日以上会社を休んでいること。そして最初の三日間は給付の対象外となります。

連続してみ 4日目から対象となりますので、傷病手当金の支給を受ける場合には覚えておいたほうがいいと思います。

まずは給料が支払われていないことこれが大事です。

有給休暇の場合は、給与支給の対象外とみなされます。

また給与の一部が支払われていても傷病手当金より少なければ少なくが支給をされます。

傷病手当金を退職しても受給するためには

私の場合ブラック企業で、精神的にもやられ在職中に入院しそのまま働けなくなった期間というのがありました。

おそらくこの記事を読んでらっしゃるかたも、そのような扱いを受けたり大変な思いをされてるかと思います。

在職中に傷病手当金の対象になれば、退職後も受給できます。大事なのは傷病で連続3日以上休むということ、それと在職中に手続きをするということが必要です。

度々治療のために会社を休んだ上で、治療に専念するというケースであったとしても、連続で3日休まなければ手当金は支給されません。

また、給付は1年6ヶ月の限度ですが、その前に傷病が治れば支給が打ち切られます。

また傷病手当金を受給している間は失業保険を受け取ることはできないということも覚えておきましょう。

まず治療が長引くようであるならば、ハローワークに失業保険の受給期間の延長手続きを行っておくべきです。

在職中に傷病手当の対象となり、2ヶ月後に退職したとしても、失業保険の受給期間の延長手続を自分でしなければいけないので気をつけましょう。

本当に体調が悪く自分一人で行くのは大変だという場合には、誰か付き添ってもらうこともありです。まずは自分の体をしっかり治すことが大切だと私は思います。

とはいえ、職探しは心配ですよね。

でも失業してしまったらまずは、失業保険の手続きをして安心して、就活、転職活動をしましょう。

最後に転職に強い(特にIT関係)転職サイト・エージェントをご紹介しておきますので、さっそく登録してみましょう。

超簡単に登録できますからご安心ください。(#^.^#)

※なぜ私がIT関係をお勧めするのかの理由は在宅で仕事が出来るからです。コロナなんてへっちゃら。

転職サイト・エージェントを使って、非公開求人を探すのか?

転職サイト・エージェントを使って、面接対策、会社の内部事情など表に出ない情報で検討するのか?

転職サイト・エージェントにはそれぞれ強みがあるので自分に合わせて登録しましょう。

転職に強い(特にIT関係)転職サイト・エージェント

強い転職サイト・転職エージェント

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』※IT・Web業界に強い転職エージェント。多くの人事採用担当者との間に太いパイプ。

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】※取扱求人は500万円以上のみ。93%の方が年収UPに成功しています。

転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1※最大級の転職サイトなので案件が豊富。まずはここに登録が安全策。

[AidemSmartAgent]転職※思った以上に大手の案件がきます。たまに「え!嘘!」というのもあるので登録して損はないと思います。

レバテックキャリア※IT・Web業界に特化しているから業界トップクラスの求人数、採用ポイントにどこよりも詳しいので、転職の成果に差がつきます。

転職なら【doda】※転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用するならDODAです。大手なので案件も多く、登録して損しないはずです。

この他にも、新卒転職第二新卒転職20代転職30代転職40代転職50代転職中卒転職高卒転職専門学校卒転職大卒転職大学院卒転職障害者就職転職の記事もありますのでよろしければお越しください。<m(__)m>

というわけで、現場からは以上です。(”◇”)ゞ

それではまた!

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】