仕事のミスは思い込み。大体の失敗は重大じゃない!

仕事辞めたい

仕事中にミスをしてしまう人は実は自分の思い込みかもしれません。思い込みとは「事実を確認せずに、自己流に解釈してしまうこと」です。

誰でも陥ってしまう思い込みが厄介なのは、無意識のうちに習慣となっているために気が付かないということです。

普段から自分の行動を分析し、自分が思い込んでいる癖を持っているのであればその癖を見つけなければいけません。

  • 仕事で同じミスを続けてしまう人
  • 仕事の遅さを指摘される人
  • 仕事優先付けが苦手な人

と言った人は思い込みがミスに繋がっている可能性があります

そこで今回は仕事中に特に生まれやすく改善しやすい思い込みについて解説したいと思います。

任せることが出来る人はどういう人か?信頼できる人の特徴とは?

仕事のミスを引き起こす癖とは

思い込みで決めつけてしまうことが多いのは「優先順位」「期待値」です。

  • どの仕事を優先的に終わらせるべきなのか?
  • どの仕事を後にするべきか?
  • どれくらいの完成度で提出するべきか?
  • どれくらいの完成度でもう一度チェックをもらうべきか?

と言ったことを思い込でなく事実として理解することが仕事のミスを減らす方法になります。

優先順位の思い込みで起こる仕事上のミスとは?

思い込みだけで優先順位を決めて仕事を進めていると、「今それやってる場合じゃないでしょ」「こっちの仕事の方が先なんじゃないの?」「この間頼んだ仕事は終わってる? 」

といった上司からの指摘を受けるかもしれません。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

原因として考えられるのは四つのパターンがあります。

  • 経験値だけで優先順位を決めてしまう
  • 頼まれた順に優先順位を決めてしまう
  • 頼まれた相手の権力で優先順位を決めてしまう
  • 頼まれた相手の機嫌で優先順位を決めてしまう

といったことで優先順位を決めてしまうと、あなたの思い込みで優先順位を決めているので、依頼した上司にとってはどうしてこうなるのであろうか?という疑問しか湧きません。

もしご自身に当てはまる状況が入るのであれば対処法を試してみましょう。

優先順位の思い込みミスを防ぐ対策

優先順位の思い込みミスをなくすためには、「上司に優先順位を訪ねる」ベストのタイミングは仕事を頼まれた瞬間にもう一度確認をすることです。

これを しないことで「なんで最初に確認しなかったんだ!」といった指摘をされる可能性がなくなります。

優先順位を尋ねる時も、シンプルに尋ねることにしましょう。また曖昧な答えで終わらせないようにし、順番と均一をはっきりとさせることで優先順位が決めることができますので、仕事がスムーズに終わるはずです。

ただし、調子によってはそんなこともわからないのか自分で考えろと言ってくる場合もあるので、その場合は機嫌だけをしっかり聞きましょう。

自分で順番を決められないならば、他の人に聞いてみて決められる優先順位をアドバイスしてもらったり、優先順位のつけ方を教えてもらう方が早いです。

期待値の思い込みで起こるミス

思い込みで期待値を決めてしまうミスもあります。

相手は八十点ぐらいを求めているのに100点を求めるあまり時間がかかってしまったり、期待値以上の素を以て止めてしまい仕事のスピードが遅いと指摘されてしまうことも完璧主義の傾向がある人は要注意です。

期待値の思い込みでミスを防ぐために必要なこと

思い込みで決めないためにも心がけたいことが二つあります

  • 頼んだ相手は一回目からは完璧を求めていることはない
  • 頼んだ相手はできるだけ早くチェックをしたい

早くチェックをしたいのは求めているせいかにできるだけ早くたどり着きたいからです。そのために軌道修正をこまめにすれば最短でゴールに近づくことができるでしょう。

上司にとっては仕事が早く終わるということが 助かることなのです。

また提出する時には 最初から自信満々に出すのではなくチェックをしてもらいたい旨を訪ねて提出するとスムーズに行えるでしょう。

修正を求められることは失敗ではありません、自分が成長するためのチャンスであり、最終的なゴールに近づくための近道ではあります。あなたが否定されているのではなく早くゴールにたどり着くための手助けを上司がしてくれていると感謝しましょう。

思い込み解消に役立つ習慣

仕事を効率よく進めていくためにもチェックリストを作りましょう。

  • 優先順位が間違っていないか?
  • 提出期限はいつか?
  • いつチェックをしてもらうのか?
  • 時間がかかりすぎていないか?

仕事を任されるということはあなたに期待がかかっているということです。なので上記のチェックポイントを見直しながら仕事として習慣をつければ、上司の期待どおりに期限内に終わらせてくれる部下だという評価に繋がるでしょう。

周りからアドバイスをもらう

素顔の人というのは教わり上手です。自分一人でやれる範囲というのは限られています。下手なプライドは捨てて、周りにアドバイスを求め、自分の考えを見直し修正していくことが、思い込みを取っ払って行きます。

教わる際に注意したいのは、本当にあなたが理解できるまで訪ねること。

相手からこんな事もわかんないのかと思われることが嫌だと思ってはいけません。曖昧にわかったふりをしてアドバイスを受けても、先には進みません。何も得ることがなくアドバイスをもらってもあなたの成長はないのです。

ですから下手なプライドは捨ててとことん尋ね納得がいくまでアドバイスをもらいましょう 。

適度な休憩を取り、冷静な自分でいる

思い込んでしまうということは追い詰められているということです。焦りや不安から生まれやすいので、冷静で客観的な視点を保つということはポイントです。

そのためにも適度な休憩はとりましょう。

仕事に追われると「どうしよう仕事が多すぎて全然終わらない、これは後回しでいいからこっち先にやろう、でもどっちが先だろうとにかく先にできるものからやろう」とあたふたして心にも余裕がなくなることでしょう。

冷静でない自分で仕事をしてもいい仕事にはなりません。

もしそのような事態に陥った時にはちょっとした休憩を入れて言った深呼吸をしてから仕事を再開するのを一つの手段です。

職場ですぐに実行できる手軽なストレス解消法というのもあります。深呼吸したり、10分休憩を取ってみたり、自分の気持ちが切り替えられるパターンというのを作っておくと仕事にもハリが出てくると思いますよ。

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】