失業保険の仮申請は離職票が来てなくても出来るんです

失業保険,仮申請

離職票が届かない状態で仮申請するための手順はどうするの?

 離職票が届かない状態で仮申請するための注意点はあるの?

 ハローワークでの最初の申請手続きにはなくても手続きのみは可能?

 ハローワークでの仮申請をしたら、次は何をしたらいいの?

そう思って悩んでいる方に解説したいと思います。

  • 離職票とは?
  • 失業保険の仮手続きのやり方
  • 離職票が遅れる理由
  • ハローワークでの仮申請をしたら、次は何すべき?
  • 失業保険の仮申請は離職票なくてもできるけど、守りに入ったら負けですよ

こんにちは!うっちーです。

失業保険を手続きする時に離職票が送られてこなくても仮の手続きができます。

このこと知らない人が多いのです。離職票は失業手当の必要手続きをする際に必要になります。

うっちー
しかし退職して1ヶ月が過ぎても離職票送られてこないというケースは珍しくありません。

特に中小企業や個人商店などの場合にはこのようなケースがあり、ブラック企業などは嫌がらせとして送ってこないことがあります。

しかし、勘違いしている方が多く、離職票がなくても失業保険の手続きを行うことができるので、早めに手続きを行ってしまいましょう。

離職票とは?

離職票とは雇用保険、取得年月日、離職年月日、退職理由、過去6か月の給料などが書かれたものです。

うっちー
この離職票の情報をもとに失業保険の基本手当額や給付日数が決定すします。
離職票

離職票-2の左側には過去1年間の出勤状況や支払った給与額、右側には退職理由が記載されています。

失業保険を受ける場合には離職票は必ず必要ですが、ハローワークでの最初の申請手続きにはなくても仮手続きができます。

仮手続きを行うことができるのが、退職した翌日から12日目以降です。

失業保険の仮手続きのやり方

仮手続きを行うメリットとしては、失業保険を早めに受け取ることになるということです。受け取る金額や期間は変わりません。

うっちー
まずは仮手続きを行なってから離職票の到着を待つというやり方もできますので。手続きをしないと支給を受けるのが遅れてしまいます。

仮手続きを早めに行っていれば、失業保険の支給が遅れるということはありませ。ただし認定日までに離職票を持参もしくは郵送する必要があります。

※3ヶ月の給付制限がある場合は、支給開始日よりさらに3ヶ月待たなければなりません。

うっちー
普通に自己都合退職した場合は3か月の給付制限があるので気を付けましょうね。

仮手続き時に必要なもの

離職票以外の必要なものをハローワークに持参します。

  • 証明写真3cm×2.5㎝を2枚
  •  通帳またはキャッシュカード
  • 個人番号確認書類

※仮手続き前に、ハローワークへの求職登録が必要となります。

仮手続きの際には受給資格者のしおりと失業認定申告書を受け取ってください。

離職票が遅れる理由

うっちー
離職票が遅れる理由として
  • 会社側で手続きを失念している
  • 給与計算等のタイミング
  • 何らかの理由で離職票を出したくない(ブラック企業)

といったことが考えられます

うっちー
ですので催促して離職票を送ってくれない場合にはまずハローワークで相談しましょう。

というのもハローワークから会社に連絡が行きますのでその方が手続きが早く済みます。

雇用保険法には離職票の交付を防いとなく拒んだ場合雇用主が罰金を払わなければいけないことが記載されておりますので、労働基準監督署もしくはハローワーク経由で催促してみましょう。

離職票が届かないとどうなる

離職票が届かないケースは思っているよりも多いです。

うっちー
まずは離職票が届かなくても、仮手続きができるということを覚えておいてください。

流れとすれば、

退職後2週間待ってみて、来ないようであれば会社側に連絡し、それでも来ないようであればハローワークへ相談と仮手続きを行いましょう。

ハローワークによっては仮手続きが行えない場合があります。事前に住んでいる場所のハローワークへ連絡してから、手続きを行うようにしましょう。

ハローワークでの仮申請をしたら、次は何すべき?

失業してしまったらまずは、失業保険の手続きをして安心して、就活、転職活動をしましょう。

最後に転職に強い(特にIT関係)転職サイト・エージェントをご紹介しておきますので、さっそく登録してみましょう。

超簡単に登録できますからご安心ください。(#^.^#)

※なぜ私がIT関係をお勧めするのかの理由は在宅で仕事が出来るからです。コロナなんてへっちゃら。

転職サイト・エージェントを使って、非公開求人を探すのか?

転職サイト・エージェントを使って、面接対策、会社の内部事情など表に出ない情報で検討するのか?

転職サイト・エージェントにはそれぞれ強みがあるので自分に合わせて登録しましょう。

転職に強い(特にIT関係)転職サイト・エージェント

強い転職サイト・転職エージェント

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』※IT・Web業界に強い転職エージェント。多くの人事採用担当者との間に太いパイプ。

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】※取扱求人は500万円以上のみ。93%の方が年収UPに成功しています。

転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1※最大級の転職サイトなので案件が豊富。まずはここに登録が安全策。

[AidemSmartAgent]転職※思った以上に大手の案件がきます。たまに「え!嘘!」というのもあるので登録して損はないと思います。

レバテックキャリア※IT・Web業界に特化しているから業界トップクラスの求人数、採用ポイントにどこよりも詳しいので、転職の成果に差がつきます。

転職なら【doda】※転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用するならDODAです。大手なので案件も多く、登録して損しないはずです。

この他にも、新卒転職第二新卒転職20代転職30代転職40代転職50代転職中卒転職高卒転職専門学校卒転職大卒転職大学院卒転職障害者就職転職の記事もありますのでよろしければお越しください。<m(__)m>

というわけで、現場からは以上です。(”◇”)ゞ

それではまた!

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】