失業保険の給付制限は派遣、契約社員でもあるの?

失業保険,給付制限,派遣,契約社員

こんにちは!うっちーです。えー今回は「失業保険の給付制限は派遣、契約社員でもあるの?」です。

派遣社員や契約社員で働いていた場合、失業保険を受け取るまで3ヶ月の給付制限はあるのでしょうか?

契約期間満了であっても様々なケースがあります。3ヶ月の給付制限があるのとないのとでは、口座に振り込まれるまで4ヶ月待つことになるのと、すぐ受け取れるのでは大きな違いがでてしまいます。

失業保険を受け取るに当たって派遣社員や契約社員で給付制限があるのかご紹介します。

という事で「失業保険の給付制限は派遣、契約社員でもあるの?」をさっそく行ってみたいと思います。

退職理由は?

給付制限がない場合、失業保険の手続きの後約一か月後に指定した口座に失業給付金が振り込まれます。

しかし給付制限がある場合には約4か月後口座に振り込まれるまで時間がかかります。

3ヶ月の給付制限があるかないかでその後の生活設計が大きく変わってしまうので、どちらなのか知りたいという方がいっぱいいらっしゃると思います。

一番大切なことは退職理由が特定受給資格者もしくは特定理由離職者に該当するかです。該当する場合には3ヶ月の給付制限はありません。

また一部の該当者には、通常の給付日数よりも失業保険を多く受け取れる給付二世の優遇措置もあります。金額と日数については雇用保険の加入期間や年齢によって異なってきます。

特定受給資格者と特定理由離職者、一般受給資格書の内容について説明していきます。特定理由離職者の場合には退職理由により1と2に分かれます。

特定受給資格者、特定理由離職者1

  • 給付制限なし
  • 給付日数優遇措置あり

特定理由離職者2

  • 給付制限なし
  • 給付日数優遇なし

一般受給資格者

  • 給付制限あり
  • 給付日数優遇措置あり

※自分がどれに該当するかが退職後に会社から送られてくる離職票を見ると分かります。

離職票

離職コードの内容について

契約社員の場合

退職理由により受給資格が変わってきます

特定受給資格者になる場合

該当する退職理由

  • 会社都合で契約満了を待たず解雇された場合
  • 更新ありの契約だったが、更新されなかった場合
  • 3年以上働いたが、スマホ更新されずに離職した場合

上記理由の場合は特定受給資格者に該当します。

ただし自分の意思で契約満了を待たずに退職した場合は一般受給資格者となります。

特定理由離職者1になる場合

該当する退職理由

  • 契約期間が終了し、本人が更新を希望したにも関わらず合意に至らなかった場合

上記の場合は特定理由離職者1に該当します。

特定理由離職者2になる場合

該当する退職理由

  • 怪我や病気で働けなくなった場合や、父母の介護が必要でやむなく退職する場合など。

上記の場合は特定離職者2に該当します。

一般受給資格者になる場合

特定受給資格者、特定理由離職者以外の方が対象となります。

派遣社員の場合

派遣社員の場合は主に3ヶ月ごとに契約更新していくことが多いかと思います。

基本的には

更新を希望したにも関わらず更新がない場合は特定離職者1になります。

更新があった場合には

更新の可能性があるのに自ら更新しないことを伝えた場合は一般受給資格者となり給付制限が付きます。

しかし、その後同じ派遣会社から一か月仕事を紹介されても決まらなかった場合や特定理由離職者1となります。

派遣会社には、契約満了になってから一か月以内に次の仕事を見つけるという義務があるからです。

派遣をしている方は契約が終了しても1ヶ月待たなければいけないことになるので注意をしましょう。

やむを得ない理由での退職だった場合

たとえ事故理由であっても実際は労働条件が悪化していたり職場環境が悪くて仕方なく退職しなければならない場合もあります。

  • 賃金の遅延があった
  • 賃金が今までより85%未満に低下した
  • 月45時間以上の残業は3ヶ月以上または100時間遅れ残業が一か月あつた
  • パワハラやセクハラを受けた

と がある場合には特定受給資格者の範囲となります。

  • 体力や心身の障害により働くのが困難になった
  • 両親の介護屋看護が必要になり退職した
  • 転居(結婚など)のため通勤が困難となった

上記のような理由に該当する場合は特定離職者2の範囲となります。

ある程度の決まりごとはありますが最終的な判断は「会社と本人の話し合いによって最終的には下されます。

もし退職理由に納得がいかない場合には会社側と話し合ってから退職をしましょう。

会社によっては離職者に有利になるように離職理由を変えてくれる場合もあります。

手続きの際にハローワークから退職理由に間違いではないかの確認がありますので、もし納得できないような状況であればはっきりとハローワークに相談をしましょう。ハローワークが会社と間に入り話し合いが行われます。

失業してしまったらまずは、失業保険の手続きをして安心して、就活、転職活動をしましょう。

最後に転職に強い(特にIT関係)転職サイト・エージェントをご紹介しておきますので、さっそく登録してみましょう。

超簡単に登録できますからご安心ください。(#^.^#)

※なぜ私がIT関係をお勧めするのかの理由は在宅で仕事が出来るからです。コロナなんてへっちゃら。

転職に強い(特にIT関係)転職サイト・エージェント

強い転職サイト・転職エージェント

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』※IT・Web業界に強い転職エージェント。多くの人事採用担当者との間に太いパイプ。

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】※取扱求人は500万円以上のみ。93%の方が年収UPに成功しています。

転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1※最大級の転職サイトなので案件が豊富。まずはここに登録が安全策。

[AidemSmartAgent]転職※思った以上に大手の案件がきます。たまに「え!嘘!」というのもあるので登録して損はないと思います。

レバテックキャリア※IT・Web業界に特化しているから業界トップクラスの求人数、採用ポイントにどこよりも詳しいので、転職の成果に差がつきます。

転職なら【doda】※転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用するならDODAです。大手なので案件も多く、登録して損しないはずです。

この他にも、新卒転職第二新卒転職20代転職30代転職40代転職50代転職中卒転職高卒転職専門学校卒転職大卒転職大学院卒転職障害者就職転職の記事もありますのでよろしければお越しください。<m(__)m>

というわけで、現場からは以上です。(”◇”)ゞ

それではまた!

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】