退職代行サービスのメリットとデメリット依頼時の注意点は?

退職代行
  • すぐに退職したいけど上司に伝えづらい
  • 人手不足だから辞めさせてくれない
  • 有給を消化してから退職したい
  • 退職連絡をした後に、自分に連絡が来ないようにしてほしい
  • 退職の意思を伝えたが引き止められて退職できない
  • 会社に行かずに退職したい
  • 上司と一切会わず退職したい
  • 入社条件と違うので退職したい
  • 家族に知られずに退職したい

といった事情がある人は退職代行サービスというのがあるのを知っていますか? 

退職代行(たいしょくだいこう)とは、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

この記事では退職代行サービスのメリット、デメリット、依頼する際の注意点についてと説明したいと思います
失敗しない退職代行サービス3社

>>>【男の退職代行】

辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ男性を退職ストレスから解放、「今よりも良い条件の仕事へ」行けるようサポートすることを最大の目的としたサービスです。退職のご相談は無料です。

>>>【わたしNEXT】

辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ女性を退職ストレスから解放、「次のわたしへ」行けるようサポートすることを最大の目的としたサービスです。退職のご相談は無料です。

 

退職代行

>>>退職代行Jobsが提供するサービスの案内

顧問弁護士監修の退職代行です。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。

低価格、24時間対応

 

>>>退職代行ニコイチ

14年の実績を誇る、正真正銘の『元祖』退職代行業者

業界最安クラスの料金・退職後の就職サポート

退職代行サービスのメリット・デメリット

うっちー
2018年頃からサービスを行う業者が急増、テレビなどにも取り上げられたとこにより話題になっています。

通常は、労働者(1年以下の有期雇用労働者を除きます。)には退職の自由が保障されており、いつでも会社に退職の意思を表明して、退職することができます。

しかし、一部企業では、退職を伝えた労働者に対して執拗な引き留めを行ったり、脅しや嫌がらせをして退職を撤回させようとするケースがあるようです。

このようなケースでは、労働者が心理的に萎縮してしまい、簡単には退職できないとことも多いとか。

うっちー
このような状況に陥った労働者に、スムーズな退職を実現するのが退職代行サービスのメリットです。

ちなみに、10連休があった2019年のGWでは、連休明けに多くの依頼があったというように、知名度も高くなり、退職できないという方に周知されつつあるサービスと言えます。

退職代行サービスを使うメリットとしては

  • 自分で退職を言い出せない人でも退職できる
  • 会社を辞められないという状況を打開することができる
  • 上司に一切顔を合わせずにやめることができる
  • 周囲に知られずに止めることができる

といったことが主なメリットです

退職代行サービスを使うデメリット

  • 退職するのに退職代行サービスへ払う費用は発生する
  • 間違った退職代行業者に依頼してしまうと退職できない

といったデメリットがあります。

退職代行の平均的な相場

うっちー
退職代行サービスの平均的な相場は3万円から5万円が相場です。

今のところ、実績のある業者が多く、また価格競争も起こっていないので、ほとんど同じような費用ですが、今後新規参入も考えられるため、相場も変動してくるでしょう。

退職代行の利用についての基本的な流れ

うっちー
基本的な退職代行サービスの利用の仕方の流れをご説明します
  1. 退職代行会社に相談する(ほとんどネットから)
  2. 担当者と打ち合わせを行う
  3. 退職代行会社へサービス費用の振込
  4. 退職代行会社が会社へ連絡

というのが一般的な流れです。

失敗しない退職代行サービス3社

>>>【男の退職代行】

辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ男性を退職ストレスから解放、「今よりも良い条件の仕事へ」行けるようサポートすることを最大の目的としたサービスです。退職のご相談は無料です。

>>>【わたしNEXT】

辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ女性を退職ストレスから解放、「次のわたしへ」行けるようサポートすることを最大の目的としたサービスです。退職のご相談は無料です。

 

退職代行

>>>退職代行Jobsが提供するサービスの案内

顧問弁護士監修の退職代行です。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。

低価格、24時間対応

 

>>>退職代行ニコイチ

14年の実績を誇る、正真正銘の『元祖』退職代行業者

業界最安クラスの料金・退職後の就職サポート

退職代行サービスを利用して失敗するケース

退職代行サービスがいくつかありますが、ほとんどの場合は確実に退職できるのは事実です。しかし中には退職代行が失敗してしまうケースもあるようです。

うっちー
そのケースについて簡単にご説明します

退職できなかったケース

ほとんどの退職代行業者のホームページを見ると退職率100%とうたっている業者がほとんどです。

退職をさせること自体は退職代行業者を使わなくてもできることなので、当然と言えば当然です。

うっちー
しかし以下のようなケースが出てくることも考えておきましょう

会社からの嫌がらせに合う

主な会社からの嫌がらせは

退職拒否:会社が退職代行業者からの退職依頼は受け取れないと拒否しないとも限りません。

賠償請求: 人数が少ない会社だと、退社をしたことによる会社への損害賠償をしてくることもありますが、ほとんどのケースではこのような請求に根拠はありません。しかし会社が提訴した場合、無視すると会社が請求した通りの判決となってしまいますので、訴訟には応じなければいけません。

懲戒解雇される:懲戒解雇をされるだけであれば別にいいのですが、退職金を払わないなどの損害を受ける場合もあります。なのでその場合会社と交渉をしたりする必要があり、会社と交渉ができる代行業者を選んでおいた方がいいです。

悪質な業者を使ったケース

代行業者を利用する上で気を付けたいのが、非弁行為を行う違法業者に依頼してしまうことです。

交渉権を持たない代行業者に、交渉などをさせると違法となります。

処罰されるのは業者の方ですが、途中で業務を放棄することもあります。

そうなった場合、立場が弱くなるのはあなたのです。

退職代行業者を頼む場合のメリットデメリットと依頼するときの注意点のまとめ

退職代行業者は最近利用する形が年々増えています。

そのため参入してくる業者も今後多くなると考えられます。

うっちー
なのでまずは、信頼がおける退職代行サービスを選ぶことが必要となります。

記事の中でも書きましたが、弁護士がついているのであればさらに安心だと思います。

失敗しない退職代行サービスとして信頼と実績で選んだおすすめの3社をご紹介しておきますのでご参考になさってください。

失敗しない退職代行サービス3社

>>>【男の退職代行】

辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ男性を退職ストレスから解放、「今よりも良い条件の仕事へ」行けるようサポートすることを最大の目的としたサービスです。退職のご相談は無料です。

>>>【わたしNEXT】

辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ女性を退職ストレスから解放、「次のわたしへ」行けるようサポートすることを最大の目的としたサービスです。退職のご相談は無料です。

 

退職代行

>>>退職代行Jobsが提供するサービスの案内

顧問弁護士監修の退職代行です。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。

低価格、24時間対応

 

>>>退職代行ニコイチ

14年の実績を誇る、正真正銘の『元祖』退職代行業者

業界最安クラスの料金・退職後の就職サポート

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】