離職票の退職理由に異議あり!何故か自己都合退職だった時の変更方法

離職票,退職理由,自己都合退職

こんにちは!うっちーです。えー今回は「離職票の退職理由に異議あり!何故か自己都合退職だった時の変更方法」です。

会社都合で退職のはずだったが、離職票が来てハローワークに手続きに行った時に自己都合扱いになっていたのでびっくりした。

倒産したから失職中なのに、なぜか自己都合扱いになってる

といったケースがあります。

会社を辞める理由として、会社都合と自己都合というのがあります。

どちらとも会社を退職することに変わりはありませんが、失業保険の受け取りの際に条件等に大きな差が出てきます

という事で「離職票の退職理由に異議あり!何故か自己都合退職だった時の変更方法」をさっそく行ってみたいと思います。

離職理由の判断手続きは?

うっちー
離職時における手続きの流れについて説明します 。

事業主より事業所の管轄ハローワークへ 離職証明書の提出を行います。

ここで事業主が記載している離職理由について確認します。

事業主から離職者へ離職票の送付※この時点で離職理由が明記されているので確認しましょう。

離職書よりハローワークで手続きを行いその際に事業主が記載している離職理由についてそういないか確認をします。

異議がない場合には理由が確定しますが、異議がある場合はハローワークが間に入り事業主へのヒアリングなど十分判断してから離職理由が確定します。

離職内容に異議がある場合には

会社から送られてくる離職票をよく見ると、右側に離職理由は明記されています。

離職コードについてはこちらをご覧ください。

雇用保険(失業保険)の離職理由コード

一般的な自己退職の場合は4 Ⅾ となってます。この場合には3ヶ月の給付制限などが付きますので、実際失業保険の手続きをした後、受け取るまでに3ヶ月は待てなければいけません。

うっちー
ただし会社都合の場合には、3ヶ月待たずに支給されますし、給付日数も優遇されています。

会社へ退職理由の確認をする場合

退職する前に確認をしておけば一番いいのですが、退職後に送られてきた離職票で、退職理由が自己都合退職にされていたなど理由が違う場合には、会社側の記載ミスなどもあるので、まずは会社に確認をしましょう。

うっちー
もし会社側に連絡ができないようであればハローワークに相談しましょう。

※退職届を書いてしまうと自己都合退職にさせられてしまいます。

ブラック企業ではよくあることなので気を付けてください。

ハローワークに相談する

実際に多くの人が退職理由について気づくのはハローワークに行ってからです。

その時に初めて確認で自己都合大丈夫だということに気づく場合が多いのですが、もし違う場合にはハローワークの職員へその旨を伝えましょう。

うっちー
ハローワークの職員が代わりに連絡をし事実確認をしてくれます。

そしてその時にあった方がいいのが、事実関係が分かる証拠になる書類などがあれば、そのようなものを持参してもいいと思います。

自分の身は自分で守るしかありませんので、再就職など大変かもしれませんが、もしもトラブルなどになりそうな場合には弁護士など相談した方がいいかもしれません。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

ハローワークでの申請をしたら、次は何すべき?

失業してしまったらまずは、失業保険の手続きをして安心して、就活、転職活動をしましょう。

最後に転職に強い(特にIT関係)転職サイト・エージェントをご紹介しておきますので、さっそく登録してみましょう。

超簡単に登録できますからご安心ください。(#^.^#)

※なぜ私がIT関係をお勧めするのかの理由は在宅で仕事が出来るからです。コロナなんてへっちゃら。

転職サイト・エージェントを使って、非公開求人を探すのか?

転職サイト・エージェントを使って、面接対策、会社の内部事情など表に出ない情報で検討するのか?

転職サイト・エージェントにはそれぞれ強みがあるので自分に合わせて登録しましょう。

転職に強い(特にIT関係)転職サイト・エージェント

強い転職サイト・転職エージェント

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』※IT・Web業界に強い転職エージェント。多くの人事採用担当者との間に太いパイプ。

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】※取扱求人は500万円以上のみ。93%の方が年収UPに成功しています。

転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1※最大級の転職サイトなので案件が豊富。まずはここに登録が安全策。

[AidemSmartAgent]転職※思った以上に大手の案件がきます。たまに「え!嘘!」というのもあるので登録して損はないと思います。

レバテックキャリア※IT・Web業界に特化しているから業界トップクラスの求人数、採用ポイントにどこよりも詳しいので、転職の成果に差がつきます。

転職なら【doda】※転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用するならDODAです。大手なので案件も多く、登録して損しないはずです。

この他にも、新卒転職第二新卒転職20代転職30代転職40代転職50代転職中卒転職高卒転職専門学校卒転職大卒転職大学院卒転職障害者就職転職の記事もありますのでよろしければお越しください。<m(__)m>

というわけで、現場からは以上です。(”◇”)ゞ

それではまた!

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】