Webマーケティング求人に強い転職サイト・エージェント厳選6つ

転職

未経験OKなWebマーケティングの求人情報を探したい。

求人情報で、『Webマーケティング』『未経験』で絞り込んでみても、多くてわからない、どこか安心して頼める転職サイト・エージェントはない?

転職エージェントを使うと研修制度や社内風土、転職後のキャリアプランといった求人票に見えない部分も担当者からアドバイスを貰えるって本当?

そう思って悩んでいる方に解説したいと思います。

・Webマーケティング系に強い転職サイト・転職エージェント厳選5つ

・Webマーケティングのホワイト求人を探す際のコツ【その会社はホワイトか?】

・Webマーケティング業界に転職後のキャリアパスは独立

今回、Webマーケティング業界へ転職する方興味のある方向けに解説していきます。私も、広告代理店に転職するまでは、マーケティング知識はほぼゼロ。飲食業界の時は実行部隊でしたから。

でもWebマーケティング業界へ転職してからは状況が変わりました(笑)

Webマーケティングって人によって結果の出し方が、全然違うんですよね。

以前出した方々を見ると

専業アフィリエイターの半兵衛さん:月収100万を超えるもBANされて復活中

マナブさん:ブログ月収500万+YouTube月収200万+他の事業

ひつじさん:月収100万円は確実

ヒトデ@ブロガー@hitodeblog:月収500万以上はあると思います。

こうやって見るとWebマーケティング業界て夢があると思いませんか?だからこの世界に飛び込んだんだけどね。(”◇”)ゞ

Webマーケティング系に強い転職サイト・転職エージェント厳選6つ

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』※IT・Web業界に強い転職エージェント。多くの人事採用担当者との間に太いパイプ。

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】※取扱求人は500万円以上のみ。93%の方が年収UPに成功しています。

転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1※最大級の転職サイトなので案件が豊富。まずはここに登録が安全策。

[AidemSmartAgent]転職※思った以上に大手の案件がきます。たまに「え!嘘!」というのもあるので登録して損はないと思います。

レバテックキャリア※IT・Web業界に特化しているから業界トップクラスの求人数、採用ポイントにどこよりも詳しいので、転職の成果に差がつきます。

転職なら【doda】※転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用するならDODAです。大手なので案件も多く、登録して損しないはずです。

IT業界でのWebマーケティング系とは?

Webマーケティング系というと大雑把に言うと以下の2つ

①広告系

②SEO系(Search Engine Optimization)

①広告系

Googleのアドセンス、アドワーズに代表される、広告宣伝運用会社の事。

例えば、クリスマスにはクリスマスに合った広告、肌トラブルに悩んでいる人には新しい化粧品といった広告はテレビでも見られますよね。

それがインターネットで広告宣伝していくことです。

最近のインターネットの広告はすごくて、動画の広告も多くなりましたよね。YouTubeなど見ていると、テレビのCM並みのというかテレビCMと同じCMが流れてます。

この時に、何人が動画や、バナーを見ていて、何人が実際にサイトにアクセスしたのか、実際にどのくらいの時間滞在していたのかといったデーターがリアルタイムで習得できます。

そーしたデータを分析し、広告の色、配置、など細かいデザインや言い回しをテストしながら、購買率を上げていくのが仕事です。

②SEO系(Search Engine Optimization)

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、検索エンジンにより上位に自社サイトが掲載されるようコンテンツを最適化することです。

検索サイトで上位に表示されれば、それだけ自社のWebサイトがユーザーの目に留まりやすくなり、アクセス数も期待できます。

自社サイトにSEO対策を施して、まずはアクセス数アップを目指します。ただ、アクセス数を増やすことが最終目的ではなく、ゴールはコンバージョン(購入、お問い合わせ、資料請求など)を増やすことなので、それを踏まえてSEO施策を行うことが大切です。

SEO対策というとすごく難しく感じるかもしれないですが、2020年現在「良質なコンテンツを作る」という事、その記事の信頼性、信ぴょう性はどのくらいなのかといった権威性をGoogleに認めてもらえば上位に行きます。

このサイトは本当に私が経験した(真実、信ぴょう性)があるので、ある程度は上位に記事がありまます。

もっとSEO対策を細かく言うと、正直書きたりないのですが、今回はそこではないですし、月30万ほど稼いでいて、これで暮らせている私が言うのだから、ある程度信頼してもらえると思います(〃艸〃)ムフッ

わたし的に転職するならSEO系

メリットという面だけで言うなら、SEO系。理由はコンテンツ作成能力が高くなるから。

やりたいことがはっきりとせず、別にこだわりがないなら、SEO系押しです。

以前もそうですが、コンテンツを作れる人は強い。人それぞれ経験をしてきているからコンテンツ化は可能なはずなんですけど、独自のコンテンツを作れて発進できている人たちは強いし、めっちゃ稼いでます。

今はユーチューバーがすごいですが、「【神対談】『ラファエル×キンコン西野』」でラファエルさんの年収聞いたらビビりますよ。※5億だそうで、、、、やべー

ただ、こうした人たちが持っている「発信力」「コンテンツ作成力」を身に付けるにはSEO系を身に付けた方がいいかなと思います。

どこに、宝があるのか?見つける力がつきますよ。

Webマーケティングのホワイト求人を探す際のコツ【その会社はホワイトか?】

ホワイトか?ブラックか?は「南フロリダ大学の仕事のストレスに関する論文【ブラック企業の条件】」を読めばわかりますが、要するに自由が利く会社(”◇”)ゞ

自由な会社の定義

自由が多い会社の場合、外から見れば条件や時間に関して自由度が高いということがわかりますが、会社に訪問した際に一発で分かる方法があります。

会社内が明るい活気がある=優秀な人たちが働いている

これって、必然で、自由度がなければ優秀な人は集まらないし、活気がなくなりますよね。

そうした雰囲気の会社に入っても、あなたの希望する方向に進むと想像できますか?

Webマーケティング業界だと、副業で本業より儲けている人がかなり多い。特にユーチューバーは結構いるんじゃないかな。

自由な会社であれば「仕事で成果を上げる」ことをして入れば、細かいことは言ってこない。

だって、成果を上げてくれる人が辞めちゃうもの。

成果を上げれる人は副業でも稼ぐ

ぶっちゃけ、他の業界からしたら、「汗かいて稼げ」と怒られそうですが、Webマーケティング業界だと、副業で稼げないほうが、レベルが低い人と見られちゃう。

会社の業務をスライドすれば、自宅で副業は簡単に出来るはず。もちろん規模は違うけど。

おっさんたちからすれば「真面目に働け!」って怒られそうですが、そうしたこともあって陰に隠れているお金持ちは多いですよー

見た目なんて普通だけど、余裕なオーラ半端なしに出てます。(*’▽’)

副業は何をしているの?

具体的には2つ

①ブログで広告費を稼ぐ人

②個人でコンサルをして稼ぐ人

①ブログで広告費を稼ぐ人

アフィリエイター・ブロガーと呼ばれる人たち

私も毎日記事を書いているので、ブログを運営していますが、月10万は簡単ですよ。

インターネットの良いところは自動化できること。副業には最適です。

②個人でコンサルをして稼ぐ人

これは今多くなってますね。

特にYouTubeもGoogleと同じ会社なのですが、ブログなどの文字媒体より、SEO簡単で、それさえわかってしまえば、一人勝ちです。

ただ、芸能人が入ってきているのでエンタメ系は無理だし、今まで無茶してやっていた素人が稼ぐのは不可能ですね。

こんな感じで、SEO系で学ぶと、より稼げる。イメージ湧きました?

Webマーケティング業界に転職後のキャリアパスは独立

キャリアパスは1年後には独立できるレベルを目指そう。

Webマーケティングなんて簡単

ぶっちゃけ、1年くらいで十分じゃないですかね。

だから、23歳の人が1年本気で学べば、24歳の時に働きながら副業で稼いで、うまくいくとそのまま、セミリタイアってのも夢じゃない

さっくり学んで、サクサク、サイト作って売上上げる、あっさり結果が出せる業界ですから、当たり前ですね。

「いやーガツガツやるの嫌だし、仕事をスピード感出してやるの苦手」と思うかもしれないですが、すぐに慣れるので心配しなくていいですよ。(≧▽≦)

できるレベル月50万稼げたら

こうなるといろいろ選択肢がそろっていて、どうしようと迷うくらい。

独立できるレベルになると

・会社から頼られて、優遇も良く、もしやめても仕事を貰える可能性が高いので、独立後の生活費の心配がいらない。

・他業種でも応用できるので、インターネットでの集客で有利に出来る

・キャッシュポイントが一つ増えたので貯金をしやすい。これだけでも安心感が違う。

といった感じ。

まずは本気で働いて、結果出してしまう方がかっこいいですよ(≧▽≦)モテモテ

結果を出す早道はこれ!

サイトを自分で作ってみる

会社にいると、なんとなーくで進んでいくけど、自分でやると失敗したらそれが自分に返ってきますから、ダイレクトで。

でもこれがいい。

会社の仕事は、失敗できない。自分のサイトは失敗できる=学べる。

とにかく自分でいろいろ試すことが大事。

すぐに始めてもいいし、ちょっと知識がついてからでもいい。そこでの気づきや失敗が結果を出す近道です。

大事なのは、勉強しようという気持ちを忘れないこと。

なお、Wordpressをつかったブログの作成方法は「初心者が WordPress を使ってブログで収益アップをする方法」に書いてありますので、すぐに行動。月10万PVくらいの作れたら、独立することも可能ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Webマーケティング業界には夢があります。これから来るセカンドステージの準備をすぐ始めましょう。

嬉しいことに2020年コロナウィルスで明治維新、第二次世界大戦後と同じくらいのインパクトの変革が始まりました。

働き方改革がすでに来ています。

お世辞抜きで、Webマーケティング業界って生きやすい世界なので、興味があれば是非どうぞ。(笑)

給料も高い会社が多いと思うし、人でも少ないから比較的思っているよりすんなり入っていけるかも?

というわけで現場からは以上です。(”◇”)ゞ

ではまた!Webマーケティング業界でお待ちしておりまーす。

 Webマーケティングに強い転職サイト・転職エージェント

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』※IT・Web業界に強い転職エージェント。多くの人事採用担当者との間に太いパイプ。

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】※取扱求人は500万円以上のみ。93%の方が年収UPに成功しています。

転職のリクルートエージェント|転職成功実績No.1※最大級の転職サイトなので案件が豊富。まずはここに登録が安全策。

[AidemSmartAgent]転職※思った以上に大手の案件がきます。たまに「え!嘘!」というのもあるので登録して損はないと思います。

レバテックキャリア※IT・Web業界に特化しているから業界トップクラスの求人数、採用ポイントにどこよりも詳しいので、転職の成果に差がつきます。

転職なら【doda】※転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用するならDODAです。大手なので案件も多く、登録して損しないはずです。

というわけで、現場からは以上です。(”◇”)ゞ

ではまた!

人気記事 IT企業系に強い転職サイト・エージェント【仕事辞めたい人向け】